クリニック看護師のいいところ&嫌なところトップ5!

クリニック

みなさんこんにちは。看マジョ編集部のキタ ミドリです。 今日は、クリニック看護師のいいところ&悪いところ特集です。 

 今はまだ子供が小さいから
  家庭と両立したいから
  夜勤が辛いから
  腰痛持ちで体力に自身がないから・・・

などなど、クリニックで働きたい看護師は今も昔もたくさんいますよね。

いろいろな理由で人気のクリニック看護師ですが、実際のところ、どうなのでしょう??
病院よりクリニックの方が働きやすいのでしょうか?

今日は、クリニック勤務を経験したことのある看護師さん50人にアンケートをとり、クリニック勤務の「いいところ」「嫌なところ」を本音で答えていただきました。
クリニックで働いてみたいな・・・と思っている方は、こちらを読んでから決めるのでも決して遅くありませんよ。
ぜひ参考にしてみてくださいね☆

クリニック看護師の『嫌なところ』トップ5!

第1位 掃除や検体処理、レントゲン現像などの雑務

猫とレントゲン

  • クリニック内の掃除やタオル類の洗濯、医療機器の消毒など雑務が多い
  • 注射器やアルコール綿など、物品の発注も看護師の仕事
  • 心電図検査、採血後の検体処理、レントゲン補助など、マルチな技術が必要
  • 医師の横で、診療の補助と雑務をこなす日々・・・看護師免許は必要か?

第2位 スタッフの人数が少ない

  • 少ない人数なので、人間関係がこじれるとキツイ
  • 採血や点滴で失敗しても変わってくれる人がいない
  • 看護師が少なく、誰か一人でも休みになると点滴、注射、検査が回らない
  • ギリギリの人数で回しているため、急な休みが取りにくい

第3位 雇用主である医師、医師の嫁とのトラブル

  • 医師が雇用主になるので、言いたいことが言えない
  • 傲慢で自己中な開業医が多かった
  • 医師の奥さんが時々クリニックに出入りし小言や嫌味を言われることがあった
  • いったん医師に嫌われてしまうと、仕事を辞めざるを得ない

第4位 看護師としての成長や、やりがいが少ない

  • 看護師としての技術や知識を磨く機会がなく、看護師としてのレベルが下がる
  • 緊張感のある仕事がなく、なんだか物足りなさを感じる
  • 看護師でなくてもできる仕事が半分以上を占めている
  • 看護師として成長できている実感がない
  • 毎日が同じことの繰り返しで刺激が少ない

第5位 福利厚生が充実していない

  • 社会保険でなく国民保険の場合が多い
  • 健康保険・厚生年金・雇用保険・労災保険が病院ほど充実していない
  • 退職金がないことが多い。もしくは寸志だけ。
  • 産休・育児休暇制度がない
  • 保養施設などがない

クリニック看護師の『良いところ』トップ5!

第1位 仕事が楽!

  • 清拭やトイレ介助など、療養上の世話がないので体が楽
  • 時間外の勉強会や研修にでなくていい
  • 患者さんの生死に関わるような、緊迫した状況がない
  • 高度な知識がなくても、クリニックのやり方さえ覚えれば問題ない
  • いったん仕事を覚えて慣れてしまえばとっても楽

第2位 アットホームな雰囲気で人間関係がいい

医師と看護師_ガッツポーズ

  • 看護師や受付スタッフなど、少人数なのでみんな仲良くなりやすい
  • 医師がスタッフとの親睦を大切にしてくれる
  • 同じ患者さんが定期的に通院され、顔なじみになる
  • 医師(または奥さん)から誕生日プレゼントがもらえる
  • 定期的なお食事会がある(もちろん費用は医師が全額出してくれる)

第3位 規則正しい生活になり健康的に働ける

  • 日勤のみで夜勤がない
  • 日曜・祝日と休診日が休みで一週間の生活が規則正しい
  • 忙しいシーズンを除けば残業がほとんどない
  • お盆休みやお正月休みが長い

第4位 仕事の割には時給が高い

  • 病院勤務のときはパート時給1860円でオペ出しや清拭などかなり大変だった。しかし、今のクリニックでは、時給1800円と時給はほぼ変わらないのに仕事がずっと楽になった。
  • 美容クリニックで働いていた頃、時給2300円でかなり満足だった。

第5位 何かと便利

内服薬袋とカプセル

  • 風邪薬や軟膏など、いつでもすぐに薬を処方してもらえる
  • お昼休憩が長いので、いったん家に帰ったり、買いものに行ったりできる
  • 信頼できる医師についての情報を得やすい
  • 家族の病気や手術について医師に相談に乗ってもらえる

【日本全国のクリニックの求人を紹介してくれるサイト】
↓↓↓
転職活動を全面サポート!【看護のお仕事】 “"

看護師の転職サポート≪登録無料≫マイナビ看護師 “"

クリニック看護師のお給料事情

正看護師の正職員の平均年収(東京・経験年数5年)

クリニック:350万円程度
病院:450万円程度

正職員の場合、クリニックと病院では年収がおよそ100万円程度異なります。
これは主に、夜勤手当による違いだと言えます。

正看護師のパート平均時給(東京・経験年数5年)

クリニック:1800円程度
病院:1800円程度(夜勤の場合、時給2000〜2500円程度)

パート看護師の場合、クリニックでも病院でも時給の違いはありません。
ただ、病院勤務で夜勤をする場合は、当然ですが時給が2000円以上までupします。

クリニック看護師に必要なスキルとは?

採血シーン
一見仕事が楽で、誰にでもできそうなクリニック看護師ですが、油断は禁物です。
スタッフの人数が少ないからこそ、欠かせないスキルがあることを知っておきましょう。

  • 採血や点滴の基本的技術
  • 検査の説明、生活指導ができる知識
  • 小さいコミュニティでのコミュニケーションスキル
  • 雑務をこなすことが苦でないこと

クリニック看護師に向いている人vs向いていない人

向いている人

・点滴、注射、採血などの基本技術を身につけている人
・病院での臨床経験を3年以上持っている人
・アットホームな雰囲気で少人数のスタッフと仲良くできる人
・仕事より、家庭や家族を優先したい人
・金銭面や看護スキルのアップよりも、生活と時間を優先したい人

向いていない人

・毎日同じ生活の繰り返しが退屈な人
・時間的な余裕より、金銭面や将来性を優先したい人
・看護師としてのキャリアアップを目指す人
・患者さんの療養上の世話にやりがいを感じるタイプの人
・救急対応や緊迫した場面が好きな人

さいごに

さて、クリニック看護師たちの本音はいかがだったでしょうか?
一言で「クリニック」といっても、内科や整形外科、耳鼻科や美容外科など、診療科によって仕事内容は異なります。
病院での勤務経験がある人は、まずはご自分で経験のある 診療科を選ぶことが成功の秘訣ですね。

そして何より大切なことは、雇用主である「医師の人柄」と「医師との相性」です。
クリニックはスタッフの人数が少なく、小さな職場コミュニティです。
そのコミュニティの長である医師の人柄次第で、職場の雰囲気が良くも悪くも変わります。これが「クリニック」という職場の最大の特徴だといえるでしょう。

しかし医師の人柄というのは、たとえ患者さんであってもなかなか外部の人間にわかるものではありません。
だからこそ、こういう時に利用したいのが看護師専用の求人サイトです。
「なんでそこまで知ってるの?!」っていうぐらい、職員しか知り得ないような深い内部情報を、独自のルートで集めています。
登録するだけでなんでも教えてくれるので、気になるクリニックがある人は、まずは気軽に聞いてみてはいかがでしょうか。

【日本全国のクリニックの求人を紹介してくれるサイト】
↓↓↓
転職活動を全面サポート!【看護のお仕事】 “"

看護師の転職サポート≪登録無料≫マイナビ看護師 “"

関連記事

復職したい看護師

復職したい看護師必見!尽きない悩みへの4つの対処法

看護師から養護教諭になる方法

あきらめなくていいよ。看護師から養護教諭になる方法♪

看護師5年目

看護師5年目のための転職指南書

ツアーナース

旅行好き看護師集まれ!ツアーナースって知ってる?

家族_ドライブ

看護師で「土日祝日休みかつ正職員」の職場の探し方☆

織姫と彦星

看護師の就活。“男性との出会いが多い職場”ベスト3!