看護師から治験コーディネーターになってよかった3つのこと

治験コーディネーター CRC

みなさんは、治験コーディネーターという仕事があるのをご存知ですか?
別名、CRC(Clinical Research Coordinator)と呼ばれています。

世の中には色んな病気で苦しんでいる人がたくさんいて、より良い薬の誕生を心待ちにしています。

新薬の登場は、CRCのコーディネート力にかかっている

薬_カプセル

そんな中、日本では年間に40種類ほどの新しい薬(新薬)が誕生していると言われています。

その新薬開発に欠かせないのが病院やクリニックで行われる臨床試験。
臨床試験は、患者さんの人権や安全性を守り、信頼できる科学的で適正なデータを収集するという
大事な目的があります。

治験コーディネーターは、各医療機関で臨床試験を適切に行えるよう、製薬メーカーや病院(医師)、
患者さんとの間に立ち、調整(コーディネート)する役割を持っています。

臨床試験の成功は、治験コーディネーターの“コーディネート力”にかかっていると言っても過言ではありません。

中途半端な看護師として10年。自分にあう仕事を探し続けた。

私はもともと母親のすすめで看護師を目指したこともあり、看護学校在学中は

「別に看護師になりたいわけじゃない。将来役に立つから、資格だけは取っておく。」

なんて生意気なことを言ってる学生でした。
国家試験に合格した後も、

「とりあえず看護師として5年くらい働いておけば、その後はいくらでもつぶしがきくよね。」

という打算的な考えから、家から通える中規模病院に就職し外科病棟の看護師として働き始めました。

 

でも、そんな打算的な考えで決めた進路に、明るい未来が待っているはずもありません・・・

 

そもそも看護師はそんな軽い気持ちで出来る仕事ではないことを、就職した直後に気づきました。
看護は人の命を預かる、責任ある仕事です。

働き出した後もたくさん勉強して、知識もスキルも磨いていかないといつまでたっても
一人前の看護師にはなれません。

また看護師は、チームワークと体力が求められます。

もともと独りでじっと座ってパソコンなどの作業をする方が好きだった私は、
看護師としての素質が欠けていたんだと思います。

そして、それに気づかないまま、中途半端な看護師として多くの患者さんに関わっていたことを、
とても反省しています。

なんとか目標としていた5年が経過した私は迷わず病院を退職しました。
その後は老人ホームやOLなど、自分にあう仕事を求めて転々としました。

そして看護師免許を取得してから10年後、偶然、CRCという仕事を知ることになりました!

やっと見つけた天職!私には看護師より治験コーディネーターが向いていた!

crc2

とある市民病院の外来看護師として働いていたとき、いつものように処置室で点滴の対応をしていると、薬剤師のような白衣を着た面識のない女性スタッフが、患者さんを一人連れてやってきました。

「治験用の採血をお願いします。」と言いながら、めずらしい採血スピッツを数本差し出され、
「なにこれ??」と疑問に思いながら対応したのがきっかけでした。

治験コーディネーター・・・

初めて聞くその名前に心惹かれ、家に帰ってすぐネットで検索。

調べれば調べるほど興味が湧き、すぐに某転職サイトを利用して
治験コーディネーターの仕事を紹介してもらいました。

それからトントン拍子で転職の話が進み、
1ヶ月半後には治験コーディネーターを採用する大手の会社へ就職。

crc3

念願のCRCになることができました!私が32歳のときでした。

CRCの主な業務は、まず治験のプロトコール(実施計画書)を読み込んで勉強すること。

それからPCとインターネットを使ったトレーニングや検査キットの準備など、
試験を実施できる体制を整えます。

そして製薬メーカーのモニターさんや、医師、施設(病院)スタッフと連絡を取り合いながら
候補になる患者さんを探し出して、患者さんに試験に参加していただけるよう調整します。

もともと肉体労働より頭脳労働が好き、勉強も苦じゃない、「病院」という狭い枠組みだけでなく、
もっと外部の人と繋がり広い視野を持ちたい!というタイプだった私には、
CRCの仕事が楽しくて楽しくて仕方ありません。

看護師として病院勤務していた頃とはモチベーションも違うし、仕事の成果も全然違います!

周囲からは、看護師時代にはほど遠かった「仕事ができる人」というイメージを持たれるようになり、
正直自分でも驚いています。

時には大変なこともありますが、看護師時代には味わえなかった充実感を日々感じています。

「この仕事が自分に合っている!」

という感覚が持てる日々は、本当に幸せです。

CRCに興味を持ったあなたはこちらに登録!>>>マイナビ看護師治験ナビ

「治験コーディネーターに向いている人、向かない人」とは?

crc4

私は看護師より治験コーディネーターの方が肌に合っていたので毎日苦痛なく、
楽しく長期間働くことができていますが、そうでない方たちがいるのも事実です。

CRCとして就職した5〜6割程度の方が1年以内に退職してしまうというデータもあります。

新卒で治験コーディネーターになる人は少なく、多くが病院での勤務経験がある看護師、
臨床検査技師、薬剤師などから転職してきます。

病院というところは、社会から見たら特殊な世界。

お客さんであるはずの患者さんが、サービスを提供する側である医師や看護師に「ありがとう」と
お礼をいい、なんだか医療者側の方が立場が上な雰囲気・・・

一方で多くの治験コーディネーターが所属しているSMO(Site Management Organization:治験施設支援機関)の会社は、あくまでも満足いただけるサービスを提供し、利益を追求する一般企業です。

“お客様”を第一優先に考え、求められる以上のサービスを提供する意識はもちろん、
PCメール送信や名刺交換、接客マナーなどの一般的な社会常識も求められます。

医療界(病院)での常識から一般社会の常識へと意識改革できない人は、
この仕事には向かないかもしれませんね。

以下に、私が今までの経験から感じるCRCの素質についてまとめました。

CRCに向いている人(↔︎CRCに向かない人)

  • PCや細かい作業が苦痛でない人(↔︎体を動かして大胆な仕事をする方が向いている人)
  • 「よそ者扱い」されることが苦痛でない人(↔︎みんなの仲間に入りたい。よそ者扱いは耐えられない人)※私は病院スタッフと程よい距離感があり、浅い関係を保つ方が気楽です。
  • 英語が好きな人(↔︎英語を見るだけで拒否反応を起こす人)
  • 落ち着いてミスなく仕事ができる人(↔︎おっちょこちょいな人)
  • 一人での仕事が好きな人(↔︎常に誰かと一緒にワイワイしていたい人)
  • 周囲の都合や人の気持ちを汲み取り、臨機応変に行動を変えられる柔軟な人(↔︎一度決めたことは絶対!など、頑固で気が強い人)

一言でいうと、看護師として馴染めなかった(向かなかった)タイプの人が、
CRCとして大いに活躍している
ことが多々見受けられます。

現役CRCが語る、CRCの年収と将来性は?

crc5

CRCには、病院に所属する「院内CRC」とSMO会社に所属する「SMOのCRC」と2パターンあります。
仕事内容は似ていますが、CRCとしての立場(年収や将来性)が全然違います。
以下に簡単にまとめました。

院内CRC

  • 意識:医療界の常識の範囲で業務できる。(SMOのCRCより立場が強いことが多い)
  • 年収:病院の契約職員であることが多く、年収300万程度と低め。正規職員の場合は400万円以上のことも。
  • 将来性:大学病院など大きな病院では、常に治験の依頼が一定数届くため仕事に困ることはない。中規模病院では、依頼が入る試験数に波があり、仕事がなくなってしまうこともある。治験の仕事がなくなったら、病院の職員(看護師、臨床検査技師など)として働くことが一般的。

SMOのCRC

  • 意識:利益を追求する一般企業。一般的な社会常識が求められる。(病院、患者さん、製薬メーカーはお客様として丁重に振る舞う)
  • 年収:CRC未経験では350〜400万程度が多い。CRC経験5年で420万〜450万程度、管理職では500万円以上になる。
  • 将来性:小さな会社で合併・統合が進んでいる。CRC経験がある人は重宝され、他社への引き抜きもめずらしくない。一つの病院で治験依頼が減っても、また別の病院へ行ってCRCとして仕事を続けることができる。今後も数十年は治験が減ることはなく、また、この業界で働ける人材も少ないため将来仕事に困ることはない。SMO協会や臨床薬理学会が制定している認定CRC資格は是非とっておきたい。

私がCRCになってよかったことまとめ

ここまで色々と書いてきましたが、私は看護師からCRCへ転職して大正解だった一人です。

  1. 自分の性格や特性にあった仕事に出会えた
  2. 仕事の業績も上がり、年収も増え、「仕事ができる人」になれた
  3. 一人の大人として、仕事を通じて社会貢献できるようになった。

看護師の仕事に馴染めず悩んでいる方!

あなたにも、CRCの方が肌に合っているかもしれません。
一度、治験コーディネーターに挑戦してみてはいかがでしょう?

CRCに興味を持ったあなたはこちらに登録!>>>マイナビ看護師治験ナビ

関連記事

初心者マーク

【臨床経験がない看護師】就職を目指すときの6つのポイント

看護師の転職失敗と成功

看護の大学院を中退。そのあと経験した私の転職成功と失敗!

復職したい看護師

復職したい看護師必見!尽きない悩みへの4つの対処法

CRA_幅700

看護師からCRAへ転職!押さえておきたい5つのポイント

老人ホームの看護師

老人ホームの看護師だけが味わえる♡極上のやりがい6選

3K脱出体験談 看護師

看護をもっと手軽に、もっと楽しく♪“3K”脱出体験談。