看護師5年目のための転職指南書

看護師5年目

みなさんこんにちは、看護師マジョ編集部のフクヤマ ミホです。

この記事では『看護師5年目を迎えたあなたのための、転職指南書』です。

看護師になり5年も経過すると、基本的な看護手技を習得し、新人指導やリーダーを任され、ほとんどの業務を一通り経験している頃ですね。
またこの時期になると看護研究のリーダーとして、臨床に研究に励んでいる方もいるでしょう。

ほとんどの方が、ある程度看護師としての技術や知識が身に付き、立場的にも確立してきた時期を迎えます。 がむしゃらに頑張り続けてきた仕事ですが、ふと、

    これからも今の職場や環境でこの仕事を続けていいのか?

と立ち止まる人もいるでしょう。

この時期は、将来を考えて『転職する』という決断を下す看護師がたくさんいます
今日は、そんな勇気をもって再出発する看護師たちが転職で失敗しないように、指南書という形でお伝えします。

5年目看護師の悩み

5年目を迎えた看護師にとって、これからの看護人生をこのまま歩んでいって良いのかこのままの進路で良いのか?という思いが出てくるのはごく自然なことです。

例えば、ずっと内科を経験してきた方が、外科を経験したいとか、ずっとオペ室勤務だった人が、一般病棟も経験してみたい・・・といった悩みですね。

また、看護師としての専門性を高めるため、認定看護師や専門看護師、診療看護師の道を考える人もいるでしょう。
いわゆる、今と違った領域や、もっと深く専門性を高めることに挑戦するべきかと迷う時期なのです。

そしてまた、看護師の5年目というのは、プライベートでも大きな変化のときを迎えます。

年齢が20代後半となり、女性は結婚・出産を具体的に計画し始める時期ですよね。
現在いる職場が妊娠、育児のサポート体制が整っているか?など、気になる悩みが今までと違ってくるのも、ごく自然なことなのです。

5年目看護師に求められるもの

5_黒板に書いた文字

一方で、看護師5年目にもなると、求められるものも増えてきます。

一人の看護師として、通常の看護業務に習熟しているだけでなく、「リーダシップ」や「新人教育」、「看護研究」などの比重が大きくなり、そんな状況に居心地の悪さを感じる人も出てくるでしょう。

また、5年目くらいからぐっと視野が広がり、病棟全体が見えてきます。
病棟業務の問題点を抽出し、効率性やシステム整備をおこなったり、患者満足度を高めるための病棟づくりに関わったり・・・ 中には、看護の深みをより学問的に深める看護研究の取り組みを行い、学術的レベルの向上やチームワークに協力する立場になる方もいることと思います。

ボリュームが多い感じがしますが、それだけ看護師5年目というのは、まだまだパワフルで、期待される部分が多いのです。

5年目看護師の年収はどれくらい?

5円玉

そんな仕事のボリュームが一気に増える看護師5年目ですが、全国各地の5年目看護師は、一体どれくらいの年収を得ているのでしょうか? 地域差や施設間での違いはありますが、およその年収をまとめました。

5年目看護師の平均年収まとめ

総合病院: 350万~600万
クリニック: 200万~350万
介護施設: 350万~500万
訪問看護: 350万~600万
(※地域によって違います)

あなたの年収と比べていかがでしょうか? 現在の年収が思った以上に少ない><;と思われた方!

看護師5年目は、どこの病院も欲しがる「転職に最適な時期」です。
転職することで年収upも夢ではありません。
これを機に検討してみてもいいかもしれませんね。

転職を考える前には、仕事量に比して給与がどれぐらいなのか事前に調べなくてはいけません。
お給料が上がるということは、つまり“仕事量が増えること”でもあるからです。

調べ方には様々ありますが、看護師の口コミサイトや病院の先輩など、実際にその病院で働いている人からの情報を集めることがポイントです。

教えてもらえる知り合いがいない・・・という方は、看護師専用の求人サイトを利用してみるのもアリです。
今現在、その病院で働いている人や、過去に働いていた人からの“裏情報”をたくさん教えてもらうこともできます。

普通はなかなか手に入らないような “貴重な情報”を教えてもらえるので、一度気軽に登録してみてはいかがでしょうか。(もちろん、利用は無料です)

【看マジョ編集部がおすすめする転職サイト】
↓↓↓

看護のお仕事の詳細・登録はコチラ≫

マイナビ看護師の詳細・登録はコチラ≫

5年目看護師が退職する時に気をつけること

これから退職を考えている看護師5年目の皆さんに、退職の際に気をつけていただきたいことがあります。

それは、『円満退職をする』ということ。

看護の世界は狭く、○○病院の看護部長と○○病院の看護部長が知り合いである場合がめずらしくありません。

退職のタイミングや方法でトラブルを起こしてしまうと現勤務先だけでの問題ではなく、新しい勤務先へ自身の悪い評判が伝わってしまう可能性があります。

自分自身の希望を通しながらも、円満に現職場から転職するために、現職場の師長や看護部長クラスの管理者の理解を得られるような、転職の時期と理由をしっかり吟味する必要があるのです。

まずは、転職を希望する時期から逆算して最低でも2~3か月前に、直属の上長にあたる看護師長相談しましょう。

ただ、大学病院では年度途中での採用があまり行われない傾向があるため、現在大学病院に勤めている人は、2~3ヶ月前ではなく1年前から相談することをおすすめします。

あなたが退職した後も患者さんの人数や必要な看護は変わりませんから、当然ながら病院の業務が支障なく遂行される必要があります。
5年目の看護師が1人抜ける事は、病院にとっては2年目看護師が2~3人抜けるのと同じくらいのダメージがあるとも言われています。

夜勤者の数は減りますし、リーダークラスの人材が減ってしまいます。
あなたが抜けた後、新たな人材を募集し、補充し、育成するのにかなりの時間が必要なのです。

退職の意思が固まったのであれば、それを伝える時期は、早ければ早いほどトラブルが少なくて済みます。

また、師長へ相談するときは、愚痴や不満ではなく、「今いる職場の良さ」や「これまで得た看護への思い」を含め、前向きな話をするように心がけましょう。

今後どのような看護人生を歩みたい、あるいは今ある職場でない所への転職が、いかに自分を成長させてくれるか、あるいは転職によってしたいことなどを明確に伝えることでスムーズにいくはずです。

どの医療機関も人材不足ですから、最初は転職を引き止められることを覚悟しておくことが必要です。

何度引き止められても、複数回足を運び、本気で転職を考えている事を伝える根気強さも大切ですね。
意思が固まらないうちから、いたずらに「辞めたい」と漏らすことは避けましょう。

看護師5年目からの再出発(転職)を成功させるために

5の服を着た女性

看護師5年目は、看護の知識や技術を習得し、リーダー業務もでき、看護師として最も「脂ののった」時期であると言えます。

どこの医療機関でも、この時期の看護師が欲しくてたまらない!といった状態です。
この時期に良い医療機関へ転職をする事は、看護師として大きな一歩になります。

お給料upだけでなく、専門知識や認定看護師の取得など、看護師として一気に成長できるチャンスなのです。
そして、そんな大きなチャンスを掴むための転職を成功させる秘訣は

・転職の目的を明確にする
・しっかりと情報収集をする(病院見学を含む)

この2点に尽きると言っても過言ではありません。

あなたが転職したい理由は何ですか?
人間関係ですか?
仕事環境ですか?
給与などの待遇でしょうか?
それとも専門性?
・・・・まずは
その悩みがいまいる勤務先で解決できないのか考えましょう。

もしもあなたの転職理由が、給与などの待遇である場合、これは院内の給与規則に基づいているため交渉でどうにかなるものではない可能性が高いと言えます。

しかし、人間関係の悩みで転職を考えているなら、まずはその原因が自分にもないか、一度しっかりと考えてみる事をお勧めします。

あなたにも原因の一部がある場合、新しい職場でも同じ問題に直面する事があるからです。 自分だけで考えてもなかなか気づきにくいもの。
ぜひ親兄弟や、友人など、身近な人たちに相談してみましょう。 そして転職の目的がはっきりしたら、次は情報収集です。 これは病院見学も含まれます。

『一見は百聞に如かず』という諺(ことわざ)があるように、実際に病院見学をすることで得られる情報はどんな文字情報よりも価値があります。

看護師やその他職員の表情や雰囲気を感じ、自分がそこに馴染めるか、よく吟味しましょう

場所にもよりますが、病院見学ではその施設の看護部長の話を聞く機会が設けられている場合がよくあります。
看護部長というものは、その施設での看護観や看護師に対する考え方を象徴する人です。

看護部長の価値観や人間力、看護観を感じ取り、自分がその人の下で働けそうか、働きたいと思えるかといった気持ち的な面も非常に重要です

まとめ

5年目看護師の転職の指南書はいかがだったでしょうか。

転職を考えるあなたは、新天地へ行こうとする勇気のある人です。
周囲には、あなたの決断を後押ししてくれる人もいれば、反対する人もいるでしょう。
その中で最終決断をするのは自分自身です。

  転職に向けた、目標の明確化、そして情報収集。

これらの準備をしっかりやり、自分の直観を信じて行動すれば、きっとあなたの成長と幸せに近づく大きな一歩となるでしょう。 さあ、勇気を出して最初の一歩を踏み出しましょう!

【看マジョ編集部がおすすめする転職サイト】
↓↓↓

看護のお仕事の詳細・登録はコチラ≫

マイナビ看護師の詳細・登録はコチラ≫

関連記事

CRA_幅700

看護師からCRAへ転職!押さえておきたい5つのポイント

看護師の転職失敗と成功

看護の大学院を中退。そのあと経験した私の転職成功と失敗!

初心者マーク

【臨床経験がない看護師】就職を目指すときの6つのポイント

看護師の転職時期はいつがいい?12ヶ月を徹底調査!

看護師が不採用になる理由

油断禁物!看護師が不採用になる理由ベスト4

3K脱出体験談 看護師

看護をもっと手軽に、もっと楽しく♪“3K”脱出体験談。