“人間関係が悪いから”辞めたいと思っている看護師さんへ。効果バツグン3つの対処法!

ミスをしない看護師がやっていること

みなさんこんにちは、看マジョ編集部のキタ ミドリです。
今日は「職場の人間関係トラブルで辞めたい!」と悩んでいる看護師さんに向けてのお話です。

「看護師さん」と「人間関係」・・・・。
切っても切れない話ですよね。

どうして女性が多い職場は人間関係トラブルが多い(と言われる)のでしょうか?
無視や嫌がらせなど、陰湿ないじめを経験or目撃した看護師さんは少なくないと思います。

中学・高校生ならまだしも、大人の職場にまでいじめが浸透しているのは残念なことです。

90%以上の成人女性が「女性だらけの職場は人間関係が難しい」という噂を耳にしたり、
実際に感じたりしています。

もう私たち女性は『ヒト×メス』という動物的な、遺伝子の力で支配されちゃってるんじゃない?とさえ思ってしまいます。

ここでは、人間関係トラブルで辞めたい・・・と悩んでいるあなたに向けて、あなたにできる前向きで具体的な行動計画や気持ちの切り替え方についてお話します。

そもそも人間関係で悩むってどういうこと?

看護師さんに限らず、世の中の多くの女性たちが職場の人間関係で悩んでいるわけですが、そもそも“人間関係の悩み”ってどんなものがあるのでしょうか?

目の前にある職場環境を「人間関係が悪い」と感じるか「人間関係は良い」と感じるかは個人の心の中で発生している感情です。

その感情は目で見えるわけでもありませんし、数値化できるものでもありませんね。

みんなが「人間関係が悪い」と感じてしまう状況をいくつか書き出してみました。

  • いじめ
  • ギスギス感
  • お互いを陥(おとしいれ)ようとする意識
  • 派閥
  • 仕事のことで質問したいのに、怖くてきけない
  • 互いに協力する姿勢がなく、ヘルプをお願いできない
  • 休憩時間に雑談を楽しめる相手がいない
  • みんなの話についていけず、疎外感を感じる
  • 目を合わせて挨拶してくれない

などなど

仕事を辞めたら人間関係トラブルは解決するの?

それではあなたが今「人間関係が悪いから辞めたい・・・」と感じているその問題は、
仕事を辞めたら解決するのでしょうか・・・?

そりゃぁ解決するよd(・∀・○)

・・・本当に?

何言ってんの?
だってもう、辞めたらそこに行かなくて済むようになるじゃん(・ω・)b

そうですね。
確かに一時的には解決するでしょう。

「一時的に」・・・ってあんた、嫌な言い方するねぇ・・・( ̄▽ ̄;)

とりあえず、その職場を辞めたら一時的に解決することはできますが、もしあなたが再就職したら、新しい職場でもまた人間関係のトラブルに遭ってしまう可能性だってありますよね。

そりゃあそうだけどさぁ。。。
あんたそれ、今ここで言わなきゃダメ( ̄▽ ̄;)?

現代社会の中で働くなら、他人との関係を一切断ち切ることは不可能です。自分以外のだれかと関わる以上、『根本的な部分』を変えないと、また同じようなトラブルが繰り返されるおそれがあります。

人間関係で悩む職種は、看護師だけじゃない

そしてもう一つ覚えておいてほしいのが、人間関係のトラブルはなにも看護師さんの職場に限ったことではないということです。

それは2人以上の人間が集まれば、どんな職場にだって起こり得ます。

そりゃそうだわね〜( ̄▽ ̄)

とくに女性が多い職場はドロドロしやすいと言われていますが、男性の職場だって同じですよ。男性が多い職場では、よくパワハラの問題が取り上げられます。

ふむふむ(*-ω-)(-ω-*)

しかも、これはチョット信じたくない事実ですが、純粋でかわいい子供たちの笑顔で満たされている幼稚園や保育園だって、一見、人間関係のトラブルとは無縁のように思えますが、実はそんなことありません。

人間関係トラブルで辞めちゃう幼稚園の先生や保育園の先生が後を絶たないんです。

マジですか・・・( ̄▽ ̄;)!!ガーン

ウソだと思うなら、幼稚園や保育園ではたらいている知り合いに聞いてみて!
これ、ホントですから。

2人以上の人間で成り立っている職場は(世の中の95%以上の職場が該当しますが)、どんなところにだって人間関係のトラブルは起こりうるんです。

だから「看護師ってイヤだ・・・(☍﹏⁰)。」「なんで看護師ってこんな性格キツイ人ばかりなの?!」などと、人間関係のトラブルを『看護師』という職種のせいにするのはやめましょう!

どんな職業だって一緒です。

だから、一人の看護師としてどう対処するか?ではなく、一人の人間として、社会で起きる人間関係のトラブルにどう対処するか?と、大きな視点で考えていく必要があるんです。

そうねぇ・・・世の中そんなもんなのね(´・ω・`)

鏡の法則

「鏡の法則」とは、私たちの人生の現実は、私たちの心の中を映し出す鏡であるという法則です。

あなたもどこかで一度ぐらいは聞いたことがあるのではないでしょうか。

うん!知ってる知ってる〜d(^^*)

それは「原因と結果の法則」とか、「引き寄せの法則」とか、「因果応報」とか言われたりもします。言い方は違っても、どれも行き着く先は同じ自然の法則です。

あなたが他人に対して思ったこと、やったことがその相手から、もしくは巡りめぐって全然別の誰からあなたの元に戻ってくるという法則です。

ここで先に言っておきますが、これは宗教に関する話ではありません。
(※このサイトも宗教へお誘いするサイトでは決してありません。笑)
これは、心理学として昔からずっと大学で教えられている内容です。心理学では「投影」という言葉で表現されていたりもします。

いずれにせよ、これは完全なる事実なのです。

そして、この法則には一つポイントがあります。

へぇ〜なになに(・∀・○)??

それは、あなたが他人に対して送り出した考えや行動が、必ずしも「すぐに」戻ってくるわけではないということです。

洗面台にある鏡はまさに、今、その瞬間のあなたを映すものですが、鏡の法則というのは目の前に現れるまでにタイムラグがある場合もあるということです。

た・い・む・ら・ぐ・・・(。´-ω・)ン?

はい。タイムラグです。
あなたが発信している考えや行動が相手に伝わり、すぐそのまま跳ね返ってくるときは「タイムラグがない」状態です。

たとえばこちらがムスッとした態度をしていると、相手もそれを見てムスッてなる、あれです。すぐに「鏡」に映りますからわかりやすいですね。

しかし鏡の法則は時々、タイムラグがあってから現れます。
あなたが相手に優しくしたことが、巡りめぐって数週間後、数ヶ月後に返ってきたりします。しかも、あなたが優しくした相手からではなく、別の誰かから返ってきたりするから面白い。

そう考えると、もしも今、職場の誰かがあなたに冷たく接しているのなら、あなたもどこかで同じような態度で人に接したことはなかったか?を考えて見る必要がありそうです。

自分からポジティブオーラを発信しよう

先ほどの鏡の法則にもつながりますが、職場がネガティブオーラで包まれているのなら、せめて自分だけはポジティブオーラを出してみるという方法も効果的です。

今の職場がどんなに人間関係が悪くても、自分は周囲の雰囲気に染まらない、流されない、影響されないと決めることはできます。

自分がムードメーカーになり、自らポジティブオーラを職場に広めると強く心に決めて実行するんです!

そんなこと、口で言うのは簡単だけどねぇ、、、┐(´д`)┌

人間関係がいい職場は、意識的か無意識的かにかかわらず、そうやって周囲に流されず、誰から言われることもなく、最初に自分からポジティブな雰囲気で満たそうとする人から始まるものです。それは他人に『影響を与える力』を持つ人だけができること。

そりゃそうだろうね〜。そんなカッコイイこと私にゃ無理だわ┐(´д`)┌

そうですね。いきなり『他人に影響を与える』なんて考えても無理かもしれません。
じゃあ「そんなカッコイイことは自分にはできない」って思う人は、代わりに「空気読まない人間」になるっていうのはどうでしょう?

空気よ・・な・い・・・?「読ない」の間違いじゃないの・・・(。´-ω・)??

今はすでに死語かもしれませんが、いっとき「KY=空気読めない」という言葉が流行しましたね。この言葉は空気が“読めない”ことをマイナスにとらえて相手を小バカにしている表現ですが、人間関係がドロドロしているときは、空気なんて読めなくて結構です!

KY=空気読めない上等!

これからは「KY」の意味は「空気読ない」じゃなくて「空気読ない」にしてやろうじゃありませんか!

ハハハ・・・そういうことね( ̄∇ ̄;)

自分から先に助ける

人は、恩義を感じた人には尽くすものです。

もしも自分が仕事で困っている時に手助けしてくれた同僚がいたら、あなたは逆にその同僚が困っている場面を見かけたら「助けてあげたい」って思いますよね。

もしも自分が日勤なのに夜10時まで残業しなきゃいけないような状況に陥ったとき、一緒に残って仕事を手伝ってくれる先輩には恩義を感じて「先輩、ありがとう〜ヽ(;▽;)ノ今度、先輩が困っていたら私が助けるから〜!」って思いますよね?

『自分から先に助ける』とは、まさにそのことです。

人間関係を改善するポイントは、自分のことばかりを考えるのではなく、相手の立場に立って相手が喜ぶことを考えることもとてもとても大切ですし、効果的です。

一時的に避難するのを否定しているわけじゃない

さて、ここまで人間関係を良くする方法として「鏡の法則」「自分からポジティブオーラを発信する」「自分から先に助ける」の3つをご紹介しましたが、これは、何が何でも今の職場でもっと頑張るべきですと言ってるわけじゃありません。

今までずっと我慢してきたあなたは、もしかすると、もう“うつ病”の一歩手前まできているかもしれません。

「鏡の法則」「自分からポジティブオーラを発信すること」「自分から先に助けること」の3つはとても効果的な方法ですが、効果が出るにはしばらく時間がかかります。

そこまで待てない人も当然いると思います。そんなときはまず、今の環境から一時避難することをためらってはいけません。

精神が病んでいては、どんなに「自分からポジティブオーラを!」なんて聞いても自ら行動を変えようとするのは難しいものです。そんなの普通の人間にはムリ。

足を骨折している人が「明日、富士山登山に挑戦しましょう!」と言われているようなもの。200%できないとは言いませんが、、、まず、無理でしょう(^-^;)

だから本当に「もうヤバイ、、、(´A`*)・゚。」って状態の人は、今の職場をすぐに辞めるのもアリです。

うつ病や不安神経症になってしまうくらいなら、人間「逃げるが勝ち」ですd(・∀・○)

逃げるが勝ち作戦をとるときに注意すること

もし「逃げるが勝ち」作戦ですぐに今の職場から避難するとしたら、方法は3つあります。

  1. 退職しないつもりで、とりあえず有給休暇や病欠制度を使う
  2. 有給を使い切ってから退職し、しばらく休養をとる
  3. 働きながら+有給を使いながら、転職先を探す

まず最初にやるのは当然、①の方法。とりあえず、有給休暇を使ってしばらく休養をとりましょう。精神科に行って診断書をもらえば、病欠させてもらうこともできます。

そんな、私まだうつにはなってないんだけど、、、(^-^;)

っていう人は②か③の方法になりますね。

さぁ、どっちにしましょうか?
『どっちが楽か?』という視点で考えたら、当然②の方法「有給を使い切ってから退職し、しばらく休養する」になりますね。

あなたには就職に超有利な看護師免許があるのですから、しばらく無職になって休養するのもアリかもしれません。
ただし、この方法には3つの大きな欠点があることも知っておかなければなりません。

エッ?欠点・・・?なになに(◎。◎)!?

それは

  • 無職の期間が1日でもあると、自分で市役所へ行き国民健康保険や国民年金の手続きが必要
  • 無職の期間があると、転職に不利になる危険性がある
  • 無職の期間、当然ながら収入がなくなる

ということです。

無職の期間が1日でもあると、健康保険は社保から国保に変わります。そして自分で年金を支払う手続きも必要です。

退職のタイミングによっては、今まで給料から天引きされていた市民税を自分で支払うことになります。住んでいる地域にもよりますが、年収400万円ぐらいの看護師さんであれば、市民税はざっくり20数万円くらいにでしょうか。

うひゃ〜(◎。◎;)!!

学生からそのまま病院に就職した普通の看護師さんは、こういったことを全く知らない人も結構多いんです。

うん、私も知らなかった・・・( ̄▽ ̄;)!!ガーン・・・

詳しい手続きの方法などはここでは省きますが、もし無職の期間ができてしまう人は、事前に市役所などで確認することをオススメします。

人間関係がいい職場を見つける方法

健康保険や年金の手続きをしなきゃいけないのはイヤ!
収入がなくなるのもイヤ!
「無職」って肩書きになるのがイヤ!

という人は、今の職場を退職する前から計画的に転職先を探しましょう。
病院の在籍期間に空白がなければ、保険や年金の手続きは不要です。
(例:2017年10月31日付けでA病院退職⇨2017年11月1日付けでB病院就職なら手続き不要!)

人間関係のトラブルで退職したい皆さんですから、次の職場こそは人間関係のいいところをみつけたいですよね。

そんなの当然!同じ間違いは二度と起こさないわよd( ̄∇ ̄*)!

それではここで、人間関係がいい職場をみつけるとっておきの方法を教えちゃいます。

へぇ〜なになに(・∀・○)??

それは次の6つ。

  1. 求人がめったに出ない病院を選ぶ。ずいぶん前に求人が出て、いつまでも残っているような病院は注意が必要。
  2. 実際にその病院に足を運んでみる。スタッフの雰囲気や通勤のしやすさをチェック。
  3. お給料が平均並みのところを選ぶ。給料が高すぎるところはやめておく。
  4. 転職エージェントの力を借りて、病院の内情を教えてもらう。
  5. 男性看護師の多い職場を選んでみる。
  6. そもそも人間関係があまり関係ない職場を選んでみる(訪問看護、企業など)

この中でも“①求人が出る頻度や期間をチェック”から“④転職エージェントの力を借りる”までは絶対やった方がいいです。・・・ってか、やらなきゃダメです。

いつまでも(目安は4ヶ月以上)求人が残っている病院や、お給料が平均より高い職場は要注意。人間関係に何らかの問題があって、人がすぐに辞めてしまうことが考えられます。

自分で判断するのが難しい時は、病院の内情に詳しい転職エージェントにぶっちゃけ質問しちゃうのが早いです。

「ここって、なんでこんなに給料がいいんですか?」
「この求人って、なんで4ヶ月も残っちゃっているんですか?」

そう質問して、エージェント担当者が「え〜っと・・・それは・・・」って口ごもっちゃったり、なんだか納得できない理由を言われた時は、まずやめておいた方がいいですね。

誠実なエージェントさんであれば(ほとんどのエージェントさんが誠実ですが)、その理由をきちんと納得できる内容で説明してくれますし、もしも人の入れ替わりが激しい職場であれば、きちんとその通りに教えてくれるでしょう。
中には人間関係よりお給料を優先したい看護師さんもいますから、そういう人にはオススメできる職場ですからね。

へぇ〜そっかぁ(・∀・○)

ちなみに転職エージェントは、看護のお仕事 マイナビ看護師 がオススメですよ。
業界大手の会社なので何よりコンサルタントさんがしっかりしています。求人数も豊富で、この両方に登録しておけばほぼ全ての求人が網羅できるって感じ。

(コンサルタントさんとの相性もあるので、最初は両方に登録し、様子を見ながらどちらか一方に決める方法が一番失敗がありません)

転職先を選ぶときは、看護師に“向いてないから”辞めたい人へ。4つの性格別「向いてる職場」はココ!も参考にしてくださいね。

まとめ

  • 人間関係のトラブルは、いじめや無視から仕事で質問できない、助けてもらえないなどいろんな状況がある。
  • 人間関係のトラブルは、看護師さんに限ったことではなく2人以上の人間が集まればどんな職場にも起こりうる。
  • 看護師としてどう対処するか?ではなく、もっと大きな視点で、一人の人間としてどう対処するか?を考えるべき。
  • 鏡の法則を知り、自分が相手にとっている態度にも注意を向けよう。そして自分からポジティブオーラを発信する。
  • 自ら先に人を助ける。
  • うつ病など、精神的に病んでしまう前にさっさと避難することも考えよう。「逃げるが勝ち」も大事な作戦。
  • 無職の期間ができると、保険や年金の手続きが必要になる。
  • 人間関係の良い職場をみつけるコツは、求人がめったに出ない職場、お給料が平均並みの職場を選び、転職エージェントの力も借りて情報収集すること。

→→看護のお仕事の詳細・登録はこちら

→→マイナビ看護師の詳細・登録はこちら

関連記事

求人を探す女性

看護師必見!ハローワークより転職サイトがオススメな6つの理由。

お礼奉公中の看護師必見!奨学金を返済して辞める方法があった!

老健を辞めたい看護師さん必見!辞める?辞めない?はこれをcheckして決めるべし

転職サイトを利用する時の注意点

【看護師転職サイト】利用の際に気をつけたい4つの注意点

転職に失敗した看護師

こんな看護師が転職に失敗する!4大原因とその対策

中途採用の看護師

ミスしちゃった、、、看護師辞めたい!の悩みを解決する4つの方法