心を救う看護師の素敵な「声かけ」〜患者さんからのメッセージ〜

にこにこ

みなさんこんにちは。看マジョ編集部のフクヤマ ミホです。

今日は看マジョ編集部に届いた、ある看護師さんの素敵な「声かけ」をご紹介します。

普段、看マジョ編集部に届くメッセージは看護師さんたちから送られてくるものがほとんどですが、今回はめずらしく、患者さんからのメッセージです。

それがとってもいいお話だったので、ここにご紹介します。

ある精神科の看護師さんの患者さんへの「声かけ」で患者さんの心が救われたお話です。

看マジョ編集部に届いたうつ病患者さんからのメッセージ

看護師マジョリータさん、こんにちは。

私は数年前からうつ病で通院している27歳の女性患者です。
先日、素敵な看護師さんに出会いました。

病院に行くと治療のメインとなるのはやはりお医者さんですが私たち患者と最も多く関わるのは看護師さんです。

いい看護師さんは、常に患者の状態を把握し、患者がどうして欲しいのかどうなりたいのかという思いを引き出す「声かけ」をしてくれます。

そんな看護師さんは、私たち患者にとってなくてはならない存在だと思います。

「治療」とは異なり、看護師さんの「声かけ・関わり」に『正解』はありません。

看護師さんによって、「声かけ」の方法はそれぞれ異なり、また患者の病状や場面や時期によって適する関わり方は違うのだろうと思います。

看護師さんは、その患者にとって最善の関わりは何なのか?を模索しながら日々関わってくれているのだろうと思います。

病院へ行くと、いろいろな看護師さんが「声かけ」をしてくれますがつい先日、とても印象に残った声かけをいただきました。

ハート_癒し_天使

それは

「休むことも治療の1つですよ。」

です。

私はその時、休養目的で入院していました。
うつ病の治療としては抗うつ病薬の内服、そして休養が主な治療方法になりますが「休養」といっても病院内ではやることはありません。

何をして過ごせば良いのかわからないまま、入院期間がただただ過ぎてしまい正直、かなりの焦りを感じていました。

「過労死」が世界共通語になるなど、働きすぎで自分に過大な負荷をかけてしまっている人々が、日本には大勢います。
真面目さが原因で、自分では抱えきれずに自殺しまう人も少なくありません。

そんな人たちに、ぜひとも「休むことも治療の一つですよ」と言ってあげて欲しいと思います。

うつ病の患者は、入院しても頑張りすぎてしまうので「大丈夫です。」と見栄を張ったり抑うつ症状で何もできずにただただ時間だけが過ぎていくと、強い焦りを感じたりします。

病気が改善するのに時間がかかったり、症状が良くなったり悪くなったりの繰り返しでまるで巨大迷路に迷い込んでしまったような苦しい心境です。

いくら薬を飲んでも症状がまったく変わらないことも少なくないです。

そんな状況で強い焦燥感を感じている患者にとって、
「休むことも治療の1つですよ。」
という看護師さんからの優しい「声かけ」はとても救われます。

私自身も、看護師さんからそのようなお声がけをいただき、「自分は何かをやらなきゃ、頑張らなきゃ。」と気を張って生きていた気持ちを改め、自分は何もしてなくてもいいんだと休まる時間を作ることができました

看護師さんの何気ない「声かけ」が、1人の患者の心を救いそして命までも救う結果になるんだということをお伝えしたく、このお手紙を書きました。

ハート_にっこり_複数

さいごに

いかがでしたでしょうか?
患者さんからこんなお手紙をいただけるとは、看護師冥利に尽きますね。

看護師さんたちが普段、何気なく患者さんにかけている『声かけ』で、一人の命すら救うこともある。

これを肝に銘じて、日常生活でも愛のある、優しい「声かけ」を心がけようと思います。

関連記事

看護師の貯金事情

【看護師の貯金事情】じつは50%の看護師が◯◯だった!

たくさんの人々

看護師の仕事とは?患者さんとの出会いと別れから考えてみた

看護師あるある

第2談【看護師の談笑】精神科病棟での日常あるある10選

不眠_女性

眠れない・・・看護師さんがぐっすり眠れるための6つの秘策

おむつ

看護師と介護士の「おむつ交換」はここが違う!

キラキラ看護師

あらためて感じてみよう。看護師という仕事の魅力35選♪