できる看護師に憧れて。看護師に必要な5つの素質とは?

できる看護師の素質

みなさんこんにちは。看マジョ編集部のイトウ サキです。
今日は、あこがれの『できる看護師』に必要とされる5つの素質についてお伝えします。

これから看護師を目指そうとしている学生さん、そして仕事で失敗して自信をなくしてしまった看護師さんへ。 今日は、“できる看護師に必要な素質”についてのお話です。

看護師は、人の命を預かる責任ある仕事で、なおかつ多忙を極める仕事でもあるため「体力」「精神力」の両方が必要であることはよく耳にしますよね。

しかし、看護師に必要なことはそれだけではありません。
看護師は、“医療の現場”という非日常で、様々な背景や病気をもった、年代も性格も異なる多種多様な患者さんたちと関わる職業ですから、「体力」「精神力」以外にもたくさんの素質が求められます。

先輩看護師を見ていると、後輩の目から見ても「できる看護師」と「できない看護師」ってわかりますよね。「できる看護師」って、いったい何が違うんだろう・・・?
私も“できる看護師”になりたい!と先輩に憧れる看護師も多いはず。

実は「看護師に必要な素質」は、大きく5つに分けることができるんです。
今日は、そんな“できる看護師”に憧れるみなさんと一緒に、「看護師に必要な素質」について学んでいきたいと思います。

看護師に必要な5つの素質とは?

必要なこと1)「優しさと思いやり。人が好きであること。」
必要なこと2)「体力。健康な心と体。うまくストレス発散できる能力。」
必要なこと3)「協調性。チームワーク。コミュニケーション能力。」
必要なこと4)「観察力。察知する力。洞察力。」
必要なこと5)「向上心。探究心。勉強しようという意欲。」

それでは、一つずつ解説していきます。

必要なこと1)優しさと思いやり。人が好きであること。

看護師に必要な素質が、まず初めに「優しさと思いやり」「人が好きであること」であることに異を唱える人はいないと思います。
それでは、看護師としての「優しさと思いやり」「人が好きであること」とは一体どんなことを指すのでしょう?

それはまず最初に「笑顔、心遣い、気遣い、やさしい声かけ」があることです。
厳しい言い方のようですが、これらを持ち合わせていない看護師は、看護師であってはいけないと思います。
しかしそれだけでは十分ではありません。
これらの基本的な事項を備えた上で、看護師にはさらに「(愛のある)厳しさ」も必要です。

患者さんが欲するものを、なんでも「いいよ。いいよ。」と許すことが優しさではありません。
糖尿病や腎不全など、食事制限が必要な患者さんには、ダメなものはダメと厳しく指導するなど、ときには患者さんのためを思い、厳しく接することも「看護師の優しさ」であると言えます。

必要なこと2)体力。健康な心と体。うまくストレス発散できる能力。

ランニングする女性

看護師の仕事は想像以上にハードです。

特に、病棟で勤務する看護師にとって、患者さんの身体的介助(移乗介助、おむつ交換、体位変換、入浴介助など)は日々の業務のかなりの部分を占めることになります。

それには何と言っても“体力”が欠かせません。
また、看護師には夜勤をこなせる体力も必要です。

私たちの体には、意識しなくても一定の周期で体の働きを変動させる自然の「生体リズム」が備わっています。
しかし、日勤と夜勤を繰り返すことはこの生体リズムを大きく崩してしまうのです。
生体リズムが崩れることで、頭痛がする、疲れやすい、風邪を引きやすいなど、身体の不調が現れやすくなります。
これら身体の不調は、当然ながら仕事にも影響が及んでしまいますから、栄養と休養を十分にとり、適度に運動をしてストレスを発散するなど、意識して日々の健康に勤めることは、看護師にとって必要な要素だといえます。

必要なこと3)協調性。チームワーク。コミュニケーション能力。

介護士3人

協調性(きょうちょうせい)とは
異なった環境や立場に存する複数の者が互いに助け合ったり譲り合ったりしながら同じ目標に向かって任務を遂行する素質。 wikipediaより

看護師にとって必要な“協調性”とは、まずは「看護師同士での協調性」です。

看護は決して一人でできるものではありません。
患者さんに24時間必要な看護を提供するためには、複数人の看護師が関わり合い、協力し合い、そして相談しあいながら(カンファレンス)行われる必要があります。
だからチームワークが必要なのです。
どんなに頭が良くてバリバリ仕事がこなせる人でも、チームワークを乱してたった一人で突き進む人は看護師として失格かもしれません。
看護師同士で協力しあうことで、24時間安心していただける看護が提供できるのです。

そして次の“協調性”として必要なのが、医師や栄養士、理学療養士など、「チーム医療における協調性」です。
職種や立場が異なる複数のスタッフが、「患者さんの社会復帰」という同じ目標に向かって互いに協力しあうことの重要性は、近年特に注目されています。

どんなに有能な医師だって、周りで支えてくれるスタッフがいなければ必要な治療を施すことができません。
看護師にとって、他職種との連携やコミュニケーション能力は非常に重要な要素だと言えます。

必要なこと4)観察力。察知する力。洞察力。

看護師は患者さんにとって一番身近にいる存在です。

看護師の観察ポイントは、体温、血圧、脈拍などのバイタルサインだけではありません。 呼吸、表情(顔色)、話し方、歩き方、皮膚の状態、排泄物など全て大切な観察ポイント。
観察から得られた情報と医療の知識を使い、患者さんの情報をアセスメントして異常をいち早く察知することが、患者さんの命を守ることにつながるのです。

入院中の患者さんに医師が適切な治療を施すことができるかどうかは、看護師の観察力にかかっていると言っても過言ではありません。

神がかり的な観察力のある看護師はかっこいいものです。
看護師の「あれ、なんだかいつもと違う・・・」という勘を決して軽視してはいけません。 それは、かなりの高確率で患者さんの異常を早期に察知しているものです。

必要なこと5)向上心。探究心。勉強しようという意欲。

勉強する意欲を見せる女性

医療の進歩は日々、めざましいものがあります。
看護学生時代に学んだ“常識”が、たった5〜6年で覆されることだって珍しくありません。

看護技術で例を挙げるとすれば、例えば、膀胱洗浄。 昔は膀胱留置カテーテルが詰まるたびに膀胱洗浄をしていましたが、今では意味がないどころか感染防止の観点から実施しなくなりました。 そして採血の時も、、、。
昔は血管が見えにくい人に対して、血管を探すために腕を叩くこともありましたが、今はそんなことをしても血管は見つからないというのが常識です。

このように、医療の進歩に伴い、看護技術や看護の“常識”も日々進歩します。
昔の常識が現代では非常識となり、通用しなくなるのです。

最低3年間の看護学校へ行き、国家試験をくぐり抜けて看護師になるわけですから、仕事に「慣れて」しまえば、それなりの業務はこなせるかもしれません。

しかし、「深い知識とエビデンス」を持った上で看護にあたるのと、「慣れや習慣」で仕事をするのとでは、全く意味が異なります。
知識とエビデンスを持って看護に当たる方が、仕事の楽しさだって倍増します。
老人施設のような職場では、介護士と看護師が同じように入所者さんのケアに当たることも少なくありません。

ときには「看護師も介護士も同じ仕事をしているのに、お給料が違うなんておかしい!」という反感を買ってしまうこともあるでしょう。
エビデンスのある最新の医療の常識を学ぼうと、向上心をもって日々勉強に励むことが、看護師という立場を揺るぎないものにしてくれるのかもしれませんね。

まとめ

今日は、「看護師に必要な素質」についてお伝えしました。

必要なこと1)「優しさと思いやり。人が好きであること。」
必要なこと2)「体力。健康な心と体。うまくストレス発散できる能力。」
必要なこと3)「協調性。チームワーク。コミュニケーション能力。」
必要なこと4)「観察力。察知する力。洞察力。」
必要なこと5)「向上心。探究心。勉強しようという意欲。」

いかがだったでしょうか。

世の中には、多種多様な仕事がありますが、その中でも「看護師に必要な素質」は、本当にたくさんあるという事がお分かりいただけたかと思います。
看護師って、本当に大変な仕事なんですね。

これから看護師を目指す学生さん、そして自信をなくしてしまった看護師さん。
あなたはこれらの素質のうち、いくつ備えていましたか?
ほとんど該当しなかった・・・><;といって、落ち込む必要はありません。

これから少しずつ努力を重ね、一つひとつ身につけていくことで、あなたもきっと“できる看護師”になれるはずです!

関連記事

キャリアアップを目指す看護師

キャリアアップを目指す看護師に必要な4つの条件

残業におわれる女性

No more サービス残業!看護師の未払い残業代を請求する方法

看護師のインシデント

超恐ろしい!看護師が経験したインシデントの数々

注射器_横幅700

採血が苦手な看護師必見!採血を上達させるコツまとめ

看護師の夜勤 

「看護師と夜勤」にまつわる7つの疑問をズバッと解決!

看護師のうつ病

看護師とうつ病。『夜勤軽減や免除』の条件とは?