「あなたは看護師に向いてない」と言われた私が変えた、たった一つのこと

向いていない看護師

「私は看護師に向いてない。」 そう悩んでいる人は多いものです。
看護師の誰もが、一生のうち一度は抱く悩みかもしれません。
そう悩んだ時に、どうすれば良いのか。
どうすれば、苦しい心が軽くなるのか。
今回は、先輩から「あなたは看護師に向いてないよ」と言われたAさんが、たった一つのことだけを変え、その後の看護師人生を大逆転させた方法をご紹介します。 これを知っているのと知らないのとでは、“人生の幸せ度”が大きく変わってきます。
あなたはもう「この仕事、向いてない・・・」なんて悩まなくて済むようになります。
自分に合った仕事を見つけ、長所を活かしてバリバリ活躍し、社会から必要とされる人になれるのです!

私は看護師に『向いてない』?

「看護師に向いてないよ」 ・・・・グサッと突き刺さるこの言葉。あなたは誰かからそう言われた人?
それとも自分でそう確信しているタイプ? 私は先輩から言われました。内科系病棟に勤務していた看護師2年目のときです。
相手は30歳代半ばのちょっと怖い先輩。
あまりにズバッと言われ、頭は真っ白、、、目は点に、、、返す言葉も見つかりませんでした。
私がミスをやらかし先輩に迷惑をかけてしまったので、そう言われても仕方なかったのですが。 でも!周りに数名のスタッフがいる中でそんなことを言われ・・・。
お昼時の、和やかな空気が一変。みんな一瞬で凍りつきました。 なぜ「看護師に向いてない」といわれるんだろう? 確かにきっかけは私が起こしたミス。
医師が出した検査オーダーを見落として、当日の検査ができなくなってしまったんです。
患者さんと医師には事情を説明し、平謝りして、検査は翌日に延期。
私が言える立場でないことは承知していますが、それくらい(?)で「看護師に向いてない」はひどすぎる~!(涙) もう頭の中はショック、怒り、悔しさがグルグル渦巻き、しばらく涙が止まりませんでした。 ・・・でもまあ、冷静に考えてみると、私が“向いてない”と言われる原因は、このミスだけじゃないんだろうな、と思います。
今までも度々迷惑かけてきちゃったし、先輩も我慢の限界だったんだと思います。
本当に申し訳ないやら、情けないやらで、合わせる顔もありません。 もともと私はテキパキ仕事ができるタイプではありません。人付き合いも苦手だし、はっきり言ってドンくさいほう。
いつも先輩に注意され、お尻を叩かれながら、自分の業務だけを何とかこなす日々。
他のスタッフの仕事を手伝う余裕など、ほとんどありません。
患者さんとたわいない話をする時間は楽しいですが、それ以外は、ミスを起こさないようにいつも神経をピンと張りつめて仕事をしています。
自分なりに“頑張っている”つもりなのに、それでもキッパリと「あなたは看護師に向いてない」と言われてしまう。。。

なんで?なんで私は「向いてない」んだろう??

私が『看護師に向いてない』要素(理由)とは?

悲しむ女性看護師_泣く

今までの経験や、親や友人、先輩から言われたことを思い出し、私が「向いてない」理由を考えてみました。

私が看護師に向いてない要素(理由)

  • ドンくさい性格(頭がキレるタイプではない)
  • 仕事の優先順位をつけるのが苦手
  • 患者さんとの会話を終わらせるタイミングがつかめず、一人のケアに時間がかかる
  • 内向的(あまりペラペラと話す方ではありません)
  • 体力にあまり自信がない(スポーツ経験はほとんどなし)
  • 整理整頓が苦手(部屋はいつもぐちゃぐちゃしている)
  • 機械の扱いが不得意(呼吸器管理はできればやりたくない)
  • サーフロー針の扱いが苦手(しっかり見えている血管でも失敗する確率が高い)

などなど

う~ん。。。
こうやって並べてみると、やっぱり私、全然看護師に向いてない。
いっそのこと私なんて看護師を辞めちゃった方が、よっぽど日本の医療界にとってプラスかもしれない。

そんなどうにもならない思いを抱えつつ、自信もやる気もどんどん消えていく私でした。

看護師に「向いてる人」ってどんな人?

ガッツポーズの看護師さん

悶々とする日々の中、私は考えました。 じゃあ一体、看護師に「向いている人」っていったいどんな人だろう?
前々から、私の周囲にいる看護師としてバリバリ働いている人たちには、共通点がある気がしていました。
その人たちの共通点を拾い上げ、一つ一つ真似していけば私も少しはマシな看護師になれるかもしれない!
その日から私は“バリバリの先輩たち”を観察し始め、共通点を探しました。

看護師“バリバリの先輩たち”に共通している素質

  • テキパキと動ける(動作が俊敏で、仕事が早い)
  • 外向的(患者さんや医師、他のスタッフとにぎやかに会話している)
  • 採血やサーフロ針でのルート確保などが得意 
  • 体力がある(マラソンやバレーボールなどのスポーツをしている)
  • 言いたいことを結構はっきりと言葉にする
  • 何事にも慌てない(患者さんの急変、吐物や排泄物が白衣にかかる、などにも動じない。)
  • 患者さんから頼りにされている
  • 気持ちの切り替えが早い(くよくよ悩まない)
  • 看護記録が得意(ポイントを押さえつつ、簡潔に書かれている)
  • 気が利く。よく気がつく。(患者さんの様子の変化や、医師からの指示など、言葉にして表現される前から察知している)

などなど。 う~ん。納得! これだけの素質がそろえば、看護師として十分すぎるぐらいにやっていけますよね。
一方で私は・・・(涙)

これらの共通点に気づいた私は、しばらくの間、必死に真似して自分のものにしようと努力しました。
元来、ドンくさくて内向的だった私が、テキパキ動き、明るく(外向的に)振る舞い、体力仕事も積極的に引き受けるように頑張ったのです。
まるで別人になったかのように・・・

ここにいてもダメだと気づいた

“バリバリ看護師”の共通点を真似して、努力して、少しでも近づこうと頑張った私でしたが、その結果・・・、わずか2ヶ月で精神を病みました。
半うつ状態になってしまったのです。
朝、目覚めてもベッドから起き上がることが出来ない。
頭痛や胃痛、脱力感がひどく、食欲もない。
食事すること、お風呂に入る事、テレビを観ること、話をすることなど、何をするのも面倒。
一人でベッドにもぐりこんでいる時間だけが安らぎの時間でした。

こんな状態では全然仕事にならない。 でも休むわけにもいかない。
結局、「バリバリ看護師を真似する作戦」は失敗に終わり、いつの間にか、普段の「ドンくさく、内向的な私」に戻っていました。
もう、バリバリ看護師のようになれないのであれば、このままダメ看護師としてここに残るか、辞めるかのどちらかしかないのだと悟りました。

でも、今更辞める勇気もないし、このままここに残る方が「楽な人生」を送れるんだと、しばらく自分に言い聞かせていました。

・・・それでも、「あなたは看護師に向いてないよ」と言われたことが、時々思い出されてしまう。
悔しくて、見返してやりたくて、自分にだってやれることがある!と証明してやりたくて。

自分ひとりでは、何から始めれば良いのかわからず、知人に勧められた求人サイト『看護のお仕事』に助けを求め、コンサルタントさんと相談しながら、自己分析と自分に合った仕事探しを始めました。

看護師が活躍できる職場は、病院だけじゃない

看護学校を卒業したての新人は、そこそこ大きな病院に就職し、病棟に配属されることが一般的ですよね。
私が勤務していたのも内科系の急性期病棟でした。
でも、同じ病院内でさえ、部署により“雰囲気”が全然違います。
外科や内科、急性期と慢性期は違うし、小児科や産婦人科などはこれまたガラッと雰囲気が変わります。
救命病棟、外来、透析、手術室になると、もうそこは新世界。

また、自分では全然思いつきもしなかったんですが、コンサルタントさんから病院や介護施設以外にも、企業や保育園という選択肢があることを教えていただきました。
そして、それぞれの場所で看護師に求められる素質も全然違っていることを知りました。

私がずっと劣等感を抱いてきた「看護師に向かない」性格は、あくまでも『急性期病院の病棟勤務』に向かないだけであって、いったん場所が変わってしまえば、短所だって長所に変わることを知ってしまったんです!

私の「看護師に向かない短所」も、場所が変われば「長所」になる

  • ドンくさい性格(頭がキレるタイプではない)

    太めな女性⇨ドンくさい(のんびりしている)のは穏やかな証拠。
    急性期で求められる「俊敏さ」を療養型病院や介護施設で発揮すると、介護職員と衝突しやすい。
    “ドンくさい看護師”くらいがちょうどいい。

  • 仕事の優先順位をつけるのが苦手

    ⇨仕事がほぼルーチン化されている職場では「優先順位付け」なんて不要。
    手術室や療養型病院、介護施設、訪問看護がそれに該当する。
    もともと“優先順位”なんて付ける必要がないから、こんな欠点、無いも同然。

  • 患者さんとの会話を終わらせるタイミングがつかめず、一人のケアに時間がかかる

    ⇨療養型病院や介護施設では、看護師の仕事は少なめ。時間がかかっても問題無し。
    保育園や企業では、「一人のケアにかかる時間」という概念自体がないため問題なし。

  • 内向的(あまりペラペラと話す方ではありません)

    ⇨手術室勤務では、患者さんと話しをする機会が少ない。
    あっても手術に関する必要事項を説明したり、「大丈夫ですか?」と声かけをしたりする程度。
    雑談をすることはほぼゼロ。
    保育園では、保育士や子ども達がにぎやかすぎて、ちょっと静かな人がいた方が、落ち着いて逆にいい感じ。
    療養型病院や介護施設では認知症の患者さんも多く、「こちらから話すこと」より「傾聴する」ことの方が重要。

  • 体力にはあまり自信がない(スポーツ経験はほとんどなし)

    ⇨外来勤務や手術室では「療養上の世話」がないぶん、体力仕事が少ない。
    企業の仕事はPC仕事が多く体力仕事はほぼゼロ。
    保育園では子どもの世話、遊び相手で体力を使うが、病院で“大人の療養上の世話”をするために使う体力とは全然違う。
    療養型病院や介護施設では、主に介護士が体力仕事をこなしてくれるので、看護師が体力仕事をすることは少ない。

  • 整理整頓が苦手(部屋はいつもぐちゃぐちゃしている)

    ⇨保育園の仕事は子どもたちの方がぐちゃぐちゃするので、整理整頓が苦手でも大丈夫。
    手術室では、物品を置く場所、しまう場所がきちんと決められているので、特別な意識をしなくても誰でもが整理整頓上手になれる。
    療養型病院や介護施設では、点滴、書類、機械類などの物品は少ない。物品自体が少ないので、整理整頓する必要性が低い。

  • 機械の扱いが不得意(レスピレーター管理はできればやりたくない)

    ⇨企業や保育園、クリニック、療養型病院、介護施設など、いわゆる「病院」以外の場所では特別な機械は使用しない。
    「レスピレーター」なんて存在しないので、扱い方を覚える必要がない。

  • サーフロー針の扱いが苦手(しっかり見えている血管でも失敗する確率が高い)

    サーフロー針⇨企業、保育園では扱う必要ゼロ。
    手術室でも、すでにルート確保された状態で入室するので必要なし。
    療養型病院や介護施設では、サーフロー針を使う機会が少ない。
    たまにあるルート確保も、時間に追われることがないので、落ち着いてゆっくり実施できる。結果、自然と失敗も減る。

以上のように自己分析した結果、私は急性期の病棟勤務より療養型病院、介護施設向きの看護師であることが判明しました。

コンサルタントさんのアドバイスを受けながら、3ヶ月後には病院から有料老人ホームへの転職を果たしました。
そう。私が変えた、たった一つのこと。

それは、「職場を変えた」ということでした。

自分に向いている仕事・職場を相談してみるなら、まずはこちらに登録!>>>

これだけ守れば大丈夫!看護師である限り、どの職場でも必要な普遍的な要素

ニコニコハート

有料老人ホームへ転職した今、毎日がとても楽しく、充実しています。
もう、「向いてない」なんて思いませんし、誰からも言われることはありません。

一口に「看護師」と言っても、職場も違えば必要な素質も違います。
今いる場所に馴染めないからイコール「私は看護師に向いてない」と判断するのは見当違いだったのです。

私が思うに、看護師として、人の命を預かる医療従事者として必要不可欠な素質はありますが、最低限、それらが守られていれば、それに付随する性格や長所、短所は適材適所。
自分らしさが活かせる仕事に就けばいいのではないでしょうか。

看護師として、最低限必要だと思われる素質

  • 思いやりの心と誠実さ。
  • 安全確認を怠らないこと。
  • 自己管理(自分自身の健康管理、約束や時間を守ることなど)。
  • 相手の話を聞く耳をもつこと

仕事を変えた、今だから言える事

キラキラ_ガッツポーズ_女性

私の場合、急性期病棟での勤務は、新卒からわずか2年間という短い間でした。
「あなたは看護師に向いてない」と言われ、完全に自信をなくしていた私ですが、『看護のお仕事 』さんのサポートのおかげで、自分にぴったりの老人ホームに転職することができました。

夜勤がない分、お給料は少し減ってしまいましたが、精神的、身体的には本当に楽になり、今の生活に幸せを感じています。
仕事が楽しくなったおかげで、プライベートでも積極的に出かけるようになり、最近、彼氏もできました!

もっと早く、このことに気づくことが出来ていたら、あんなに苦しむことはなかっただろうと思います。

今、「看護師に向いてない」と悩んでいるあなたに、これだけは知っておいて欲しい。

あなたは決して『看護師』に向いていないのではありません。
『今の職場』に向いてないだけ。どうか、自信をなくす前に、職場を変えてください。
一人での転職は心細いものです。

『看護のお仕事』さんには、気軽に相談できるアドバイザーがいつでも相談にのってくれます。
まずは、あなたの現状を伝え、相談してみてください。
きっと明るい未来が、待っています!

自分に向いている仕事・職場を相談してみるなら、まずはこちらに登録!>>>

関連記事

リーダー看護師相談所

はい!こちら“リーダー看護師”なんでも相談所♪

その病院の「看護の質」を見分ける3つの基準とは?

ガッツポーズ 看護師

転職して一念発起!准看から正看、そして糖尿病療養指導士も

申し送り上手な看護師

苦手を克服!申し送り上手な看護師になれる6つの対策法

プリセプターとプリセプティー

【看護師プリセプター】5つの大事な役割と心得 

特定看護師

5分でわかる!今、期待されている「特定看護師」って何?