【看護師の貯金事情】じつは50%の看護師が◯◯だった!

看護師の貯金事情

みなさんこんにちは。看マジョ編集部のイトウ サキです。
今日は、看護師さんの貯金事情についてのお話です。

一般的に「看護師はお給料が高い」といわれるけれど、みんなどれほど貯金できているのでしょうか?

ある調査によると約8割の看護師が「お給料が低い」と感じているという結果が出ています。
・・・ってことは、やっぱり貯金する余裕もないのかな?いやいや、そんなことはないはず。

いつもキレイでおしゃれ、仕事ができてしかも優しい先輩♪
みんなが理想とする憧れの先輩が『貯金0円』じゃ、ちょっと幻滅してしまう、、、笑

看護師にもいろいろな人がいるけれど、あなたの周囲には「堅実派」「浪費家」どっちがおおいでしょうか?
そしてあなたはどっち??

今日は、みんなが気になる看護師の貯金事情について調査しました!

看護師の平均貯蓄額

こちらは大手転職サイト、看護rooさんが調査した看護師の貯蓄にまつわる調査結果です。

『毎月』の平均貯蓄額

最も多いのは、毎月平均5〜10万円貯金できている人で、全体の4割近くに上っています。
さすが看護師!多くの人がしっかり貯金していますね。

この統計には、実家暮らしも一人暮らしも全て含まれていますが、実際のところ、5万円以上貯金できている人のほとんどが実家暮らしまたは寮暮らしのようです。
一人暮らしの人は生活費だけで毎月一定の支出があるので、貯蓄には不利な立場ですね。

看護師の毎月平均貯金額

出典:看護roo

貯金総額

貯金総額は50万円以下が24%と最も多くなっており、100万円以下、200万円以下はいずれも13%で大きな差は見られません。
しっかり貯金できている人たちをみていくと、300万以上1000万円未満の人を合わせると27%、1000万円以上の人が6%もいるんです!
これはすごい結果になりました。

一方で、貯蓄0円から50万円以下という、ほとんど貯金できていない人たちも38%もいて、貯金できている人とできていない人でクッキリと分かれているようですね。

看護師の総貯金額

出典:看護roo

看護師の貯金にまつわるみんなの言い分

1)貯金したい派

  • 老後に備えて、必要最低限は貯めておきたいと考えてます。
  • 夫婦の財布は別なので、ヘソクリ貯金を毎月10万は行うようにしています。
     万が一何が起きてもいいように・・・
  • 語学留学したいからそのための貯金をしています。
  • 兄弟が多く、結婚資金に対して親からの援助が期待できません。
     そのため、自分でコツコツ結婚費用を貯金しています。
  • 最初は欲しいものを買うために貯金していましたが、最近は貯金自体が楽しくなってきました。節約をして、家計簿や貯金通帳をみるのが楽しみなんです♪

2)将来より“今”を楽しみたい派

  • 買い物、旅行などがやめられない。衝動買いで毎月お金が消えていく・・・
  • 若いうちしかできない経験をどんどんしたい!
  • 海外旅行が趣味。独身のうちしかできない旅行を楽しんでいます。
  • コンビニで2000円以上の買い物も普通にしてしまう。やばいです。
  • エステや美容代(美容院や化粧品)、洋服代など、とにかく自分への投資で消えていく。
     女子力を上げて、玉の輿にのることが目標です♪
  • 友達との飲み会やコンパで、週に2回は飲みに行きます!

看護師が貯金を増やす方法

散財して涙を流す女性
  • 給料をもらったら、まず最初に目標貯金額を貯金へまわす。残りのお金で生活する。
  • 夜勤明けで洋服や靴などを買いに行かない。
  • コンビニで買い物しない。面倒でもスーパーへ行く。
  • 飲みに行くのは月2回まで。

貯金を増やしやすい職場とは?

誰だって、貯金は少ないより多い方がいいですよね。

たとえ浪費家さんでも自然と貯金が溜まっていくような、そんな夢のような職場ってあるのでしょうか?

・・・その答えは、「ある」とも「ない」とも言えます。

看護師であれば、同年齢の一般的なOLさんより年収100〜200万円は多いので、冷静に考えてみればその分貯金はできるはず。

でも、それができないっていうのは、やっぱり職場の問題より、個人の「考え方」や「性格」の影響が否定できないんですよね。あとはお金を貯める「目標」がないのも問題です。

ただし、そんな個人の「考え方」や「性格」の影響さえも超えてしまうような強い「環境」に置かれれば、自然と貯金が溜まることはできるんです!

<看護師が自然と貯金を貯めるための条件>

  • 年収550万円以上の職場
  • 夜勤が月に4回以下の職場(夜勤明けの無駄遣いが減る)
  • ちょっと郊外にある職場(通勤服にかけるお金が減る)
  • 二交代制よりは三交代制(休みが少ないので、浪費する機会が減る)
  • 副業するなら二交代制

このような職場を選べば、あなたも嫌々ながらも自然と貯金が溜まっていくようになる可能性大。実家暮らしであれば、30歳前後で1000万円貯蓄することは十分可能です。

1000万円の貯金があれば、あなたは何をしますか?

結婚式費用、海外旅行、買い物、美味しいものを食べまくり、いやいや、思い切ってマンション購入!!・・・などなど、夢は膨らみますね☆

今すぐに・・・とは言わなくても、1〜2年後には上記のような貯金を貯めやすい職場へ移ると、5年先、10年先の将来が全然違ってくるでしょう。

年収550万円以上の職場を検索してみる>>看護のお仕事>> “"

まとめ

看護師さんの貯金事情、いかがだったでしょうか?
お給料が高いからこそ、“今”を楽しむこともできるし、堅実に貯金額を増やすこともできる。

最終的に、堅実派な看護師と浪費家な看護師が50%-50%という結果になりました。

でもやっぱり、“今”を楽しむことはとても大切ですが、『貯金0円』というのはちょっと心もとないものですよね。
いつ何が起きるかわかりませんし、少しでも将来に備えて貯金するようにしたいものです。
『勤務年数×50万円』貯金すれば、勤続10年で500万円になります。

32歳で貯金500万円。

うん。看護師であれば、せめてこれくらい目指したいですね☆

年収550万円以上の職場を検索してみる >>看護のお仕事>>

関連記事

気が強い看護師

看護師は気が強い?!そんな噂を看護師目線で考えてみた。

看護師は優しいだけじゃない

「優しさ」だけじゃない!看護師に多い性格の3つの特徴

コミュニケーション美人な看護師

「コミュニケーション美人」な看護師の5つの共通点

看護師のご褒美

“看護師に疲れたから”こんなご褒美GETしました8選!

看護師さんの恋愛

“看護師が恋愛をこじらせてしまう理由”トップ8!

看護師の寿命は短い?

看護師の平均寿命は短いって本当?!寿命を縮める4つの要因とは?