第1談【看護師の談笑】手術室でこんなことありました!

手術室看護師

みなさんこんにちは。看マジョ編集部のイトウ サキです。
今日は、看護師さんたちが手術室で経験した面白いお話をご紹介します。

手術室での看護師の仕事といえば「器械出し」と「外回り」。

これってとっても特殊ですよね〜。
病棟や外来の看護師にはさっぱりわからない。

だから、手術室の看護師が同僚に話す「こんなことあったのよ〜!」って話題は、たいてい、分かってもらえずに、はい。おしまい。ってなっちゃうんです、、、

今日は、そんな悲しいオペ室の看護師さんたちに、「手術室でこんなことあったんです!」という
面白いお話、悲しいお話など、いろいろな体験談を話していただきました☆

オペ室看護師の談笑・・・読んで共感してもらえたら嬉しいです。

The オペ室あるある!

1)オペ(手術)室の看護師は『足技』が得意! 

  (32歳女性:手術室勤務歴6年)
オペ室で器械出しをする日は、手は滅菌手袋しているから何も触れない。
そんなとき役立つのが『足』。
この前、足でガツンッ!って、おもいきりゴミ箱を動かしたら、目の前に好意を寄せているイケメン研修医が立っていた、、、(汗)
そんな冷たい目で見ないで〜!オペ室ではこれが普通なのよ〜。決して足ぐせが悪いわけじゃないの!(涙)

 

2)医師の“心がよめた”瞬間のやりがい! 

  (29歳女性:手術室勤務歴4年)

手術室の無表情な医師

心臓血管外科のバイパス術。手術が中盤に差し掛かった時、医師が無言で手を出し物品を求めてきた。
術野を見ながら予測していたハサミを手渡すと、先生から「よくわかったね」とお褒めの一言。
やった〜!快感♡これぞ、オペ(手術)室看護のやりがい!!

 

3)アイメイクばっちり♡・・・あとはノーメイク、、、

  (38歳女性:手術室勤務歴7年)

目_ウィンク_アイメイク

オペ(手術)室では帽子にマスクを付けるので、はっきり言って『目』しか見えない。
「まぁ、いっか〜。」と、その日はアイメイクだけバッチリしてあとはノーメイクで出勤。
が、、、午後から感染管理委員会に出席しないといけないことを忘れてた〜〜!
人前にさらせるような素顔じゃないので、泣く泣く大きめマスクをつけて委員会に行きました、、、

 

4)ガーゼカウントの癖で“お金カウント”しなきゃ気が済まない

  (27歳女性:手術室勤務歴2年)
オペ室では手術に使ったガーゼカウントが欠かせない。
枚数だけでなく、形が欠けていないかもしっかりcheckする。
その習慣が癖になり、レジで渡されたお釣りもしっかりカウント&形状checkしないと気が済まない!日々、真剣な眼差しでお金をcheckする私に、彼氏は「それ恥ずかしいから止めて」と一言、、、
その後フラれた理由は、決して“お金カウント”のせいじゃないと信じたい。

【オペ室の求人をみつけたいなら、ここしかない!】
※登録したあと、コンサルタントに「オペ室希望」とお伝えください

↓↓↓
転職活動を全面サポート!【看護のお仕事】 “"

看護師の転職サポート≪登録無料≫マイナビ看護師 “"

5)オペ室から一歩外に出ると、自分だと気づいてもらえない

  (33歳女性:手術室勤務歴5年)
オペ室看護師は、マスクと帽子なしで、病棟で医師に会っても気づいてもらえない。
「あんた誰・・・?」って顔される。ついさっきまで、6時間も先生に寄り添って直接介助してたじゃないの〜!(怒)

 

6)「ありがとう」の言葉が新鮮すぎる

  (42歳女性:手術室勤務歴8年)
患者さんは、ほとんど意識がはっきりしないままオペ室から退出していくので、オペ室看護師は、患者さんから「ありがとう」と言われることがほとんどない。
時々言ってくれるのは、局所麻酔の患者さんぐらいかな〜。
「ありがとう」っていう言葉からこんなに遠い存在な看護師は、オペ室ぐらいですよね〜、、、

 

7)術野を見ながら次の手を予測する。マニアックな俺。

  (45歳男性:手術室勤務歴11年)
オペ室看護師になり11年。消化器外科、脳外科、心臓血管外科、乳腺外科、泌尿器科など、今ではどんな手術でも術野を見ながら流れをよめるようになってきた。
次の流れを予測して、医師に言われる前にサッと器械出しするのがたまらなく快感!
周囲からは『マニアックすぎる・・・まるでドクターみたい』と気持ち悪がられるが、そんなの全然平気。難しい手術が滞りなく進み、予想時間より早く終了したときの達成感がたまらない!
最近は、心の中で「今日の俺は98点だった。」と点数つけるのがやみつきになってきた。
なんだか俺、ナルシストになってしまったか・・・?笑

 

8)トイレに行きたい、、、でも本当は行きたくないんです!!

  (38 歳女性:手術室勤務歴8年)

トイレに行きたい棒人間

器械出し担当の日。しっかりトイレを済ませてから、帽子、マスクをつけて手を洗い、滅菌ガウンと手袋をつけて、いざ、手術へ!!ここまで30分かけてたどり着いたのに、次の瞬間またトイレに行きたくなる、、、
これほど自分の膀胱の容量の小ささを恨むことはありません(汗)
朝から水分摂取は控えているんですけどねぇ、、、いつかエコノミー症候群になりそう。

 

9)誰も、あのドクター(大魔王)の本性を知らない、、、

  (32歳男性:手術室勤務歴9年)
病棟では「優しい」と評判のドクターですが、みんなあの先生の本性を知らない。
オペ(手術)室に入ったらまるで別人のように性格が変わることを。
ちょっとしたことですぐに怒鳴るわ、キレるわ、物品を蹴飛ばすわで、オペ室でのあだ名は「大魔王」。ベテラン看護師以外は、とてもじゃないけど近づけません。

さいごに

オペ室看護師の談笑、いかがだったでしょうか?
オペ室看護師の仕事は、一般病棟とは全く違う世界です。
へぇ〜!オペ室ではこんなことがあるんだ〜!と興味を持ってくれた人がいたら嬉しいです。
意外と面白いオペ室看護師。あなたも挑戦してみてはいかがでしょうか?

【オペ室の求人をみつけたいなら、ここしかない!】
※登録したあと、コンサルタントに「オペ室希望」とお伝えください
↓↓↓
転職活動を全面サポート!【看護のお仕事】 “"

看護師の転職サポート≪登録無料≫マイナビ看護師 “"

関連記事

看護師の寿命は短い?

看護師の平均寿命は短いって本当?!寿命を縮める4つの要因とは?

涙を流すうさぎ

看護師の人間関係って難しい!心がホッと楽になる3つのヒントって?

看護師のご褒美

“看護師に疲れたから”こんなご褒美GETしました8選!

コミュニケーション美人な看護師

「コミュニケーション美人」な看護師の5つの共通点

10年後、あなたは看護師として働いていますか?

【看マジョスペシャルアンケート!】10年後、あなたは看護師として働いていると思い...

にこにこ

心を救う看護師の素敵な「声かけ」〜患者さんからのメッセージ〜