【看護師転職サイト】利用の際に気をつけたい4つの注意点

転職サイトを利用する時の注意点

みなさんこんにちは。看マジョ編集部のキタ ミドリです。

今日は、看護師さんに役立つ「転職サイト」を利用する際の注意点についてご紹介します。 転職サイトは、転職を希望する看護師にとって有益な情報やサービスを提供してくれます。

–転職サイトの有益なサービス–
・求人情報(特に人気の高い非公開求人)
・履歴書や職務経歴書の書き方・添削
・病院の内部情報についての情報提供(看護師長のキャラや人間関係、残業など)
・給与など雇用条件の交渉
・面接の日程調整など

ただ一方で、「連絡がしつこい」「無理やり転職させられそう」「個人情報が漏れている」など、ネット上では良からぬ噂も目にします。

転職サイトに限らず、どんなビジネスにも表と裏は存在します。
注意すべきところは注意し、賢く利用すれば、転職サイトはあなたの助けとなる有益なサービスであることには変わりありません。

今日は、転職サイトを利用する際の注意点と、賢く利用する方法についてお伝えします。 これを読めば、どんな人も転職サイトをうまく利用しあなたの味方にできるようになります!

看護師転職サイトの主な注意点

まず最初に、看護師転職サイトを利用するうえで、注意したい点をしっておきましょう。

  主な注意点 

 その①:その情報は正確か?
    「おすすめ求人」は本当におすすめか?
     残業や人間関係、昇給などの内部事情は本当か?
   その②:連絡(電話やメール)がしつこくないか?
   その③:コンサルタントの「押し」が強すぎて、いいなりになっていないか?
   その④:あなたの個人情報は守られているか?

注意が必要な理由

それでは、なぜ看護師転職サイトの利用には、これらの注意が必要なのでしょうか。 その理由は大きく分けて3つあります。

未熟なコンサルタントもたくさんいる

初心者マーク

看護師転職サイトは、高齢化などによる看護師不足を受け、近年、急激に拡大しているビジネスです。
もともと歴史が浅い業界であるため、ベテランのコンサルタントが少なく、経験が浅いコンサルタントがたくさんいるのも事実です。
中には、医療業界自体がよくわかっていない人もいるようです。

良い転職サイトでは、そんな新人のコンサルタントの教育体制がしっかり整っており、一定のレベルをクリアしたコンサルタントだけが直接お客様(看護師)と接する機会を得るようになっていますが、中小規模のサイト会社ではなかなかそうはいきません。

一部のサイト会社では、新人コンサルタントの教育システムが確立されておらず、未熟なままのコンサルタントがお客様(看護師)と接してトラブルの種となっているようです。

転職が成立しないと、サイト会社は利益を得ることができない
 (利益追求する会社である)

求人サイトビジネスは、私たち看護師は無料で利用でき、転職が成立した時点で病院からサイト会社へ紹介料が支払われるシステムです。

つまり、転職が成立しないと、サイト会社に利益は発生しないわけです。
そのため、残念ながら中には、“押し”が強く、転職希望者の要望を軽視して、とにかく転職成立することだけに力を注ぐコンサルタントもいるようです。

“病院から”紹介料が支払われるシステム

お金を支払う手

前述した通り、転職が成立した時点でサイト会社は利益を得られるわけですが、それを支払うのは「病院側」です。

つまり、サイト会社にとって『お金を支払ってくれる顧客=病院』なのです。
サイト会社にとって、看護師はある意味『商品』だと言えます。

良い商品(看護師)を集めれば、顧客(病院)に喜ばれ、そして利益を得られるというビジネスモデルなのです。

ただ、良い商品(看護師)を集めるためには、商品(看護師)にとってのメリットを提供するほかありません。そのメリットこそが、私たちにとって有益なサービスとなっているのです。

【看護師マジョリータがおすすめするサイトはこちら】
↓↓↓

看護のお仕事の詳細・登録はコチラ≫

マイナビ看護師の詳細・登録はコチラ≫

では、どう対処すればいいのか?

①提供された情報が正しいかどうかの確認  ⇨複数サイトに登録する

求人サイトから提供される情報に嘘はありませんが、良い情報はやや大げさに、悪い情報はサラッと軽く・・・と、調整されている可能性は否定できません。

特に「ここの病院がおすすめ!」という情報は、転職決定の意思に直結する非常に重要な情報です。
「なぜ?どうして“おすすめ”なのか?」までしっかり確認しましょう。

本来ならば、あなたご自身で内部情報を入手することができれば一番望ましいですが、それはなかなか難しいもの。
ここで騙されないためには、複数の求人サイトを利用し、それぞれの会社がその病院をどう評価しているか、比較すべきです。

②しつこい連絡(電話・メール)への対策
 ⇨事前に希望する連絡方法・時間・頻度を伝えておく

求人サイトに登録すると、すぐに電話もしくはメールでコンサルタントからの連絡が届きます。
(初回登録のときに、あなたが入力した「希望する連絡方法」に従って連絡がくることになります。)

看護師の中には、早急(数週間以内ぐらい)に転職先を見つけたい!という人もたくさんおり、そんな看護師は迅速で頻回な連絡を必要としています。

あなたが求人サイト側に何も言わなければ、そんな基準で『迅速かつ頻回な』連絡がくるのが当然だと知っておきましょう。
もしあなたが軽い情報収集のつもりで登録し、半年〜1年という期間でじっくり転職先を探したい場合は、その旨をしっかりと伝え、連絡の頻度を落としてもらいましょう。

または、最初から「急かさない」をモットーとしているサイト「ナースコンシェルジュ 」 を利用するのもおすすめです。

③流されない。最後はじぶんで決めるための対策
 ⇨強い意思をもつ。ときには毅然とした態度で断る。

転職を成立させるため、看護師側の要望を軽視して、「とにかく一度面接してもらいましょう!」など押しが強いコンサルタントに当たってしまうかもしれません。

漠然とした不安ばかりに気を取られ、なかなか一歩を踏み出す勇気がない人には、時にはそんな強引さも必要です。 しかし、一方でそんな押しが強いコンサルタントに流されてしまわないよう、「最後は自分で決める」という強い意思を持っておくことが大切です。

④個人情報を守るための対策
 ⇨(対策1)プライバシーマークがついたサイトを利用する。

シュレッター

あなたの個人情報を守るために、プライバシーマークを取得しているサイト会社を利用しましょう。

プライバシーマークとは、個人情報保護に関して一定の要件を満たした事業者(基本的には法人単位。ただし、医療関連については病院ごとなど例外あり)に対し、一般財団法人日本情報経済社会推進協会 (JIPDEC) により使用を認められる登録商標(サービスマーク)の事である。Pマークと略して呼ばれることもある。(wikipediaより)

当サイトで紹介している求人サイトは、全てPマーク取得済みもしくは、同等の個人情報管理がされている信頼できるサイトのみ掲載しております。

 ⇨(対策2)転職が決まったら、しっかり退会する。

最初は複数の転職サイトに登録して情報を集めますが、最終的にはどこか1社のサイトを経由して転職が決まることになります。

転職が決まったら、登録したサイトは全ての退会手続きをとりましょう。

最終的に転職を決めたサイト以外は、当然ながらあなたがすでに転職が決まったことを知りません。
そのままにしておくと、求人情報提供などのサービスが永遠と続けられてしまいます。
また、個人情報保護の観点からも、転職を決めたサイト、決めなかったサイトを含め、登録した全てのサイトの退会手続きをとるようにしましょう。

 各サイトの退会方法はこちら
 看護のお仕事
 マイナビ看護師
 ナースではたらこ

さいごに

看護師転職サイトは、無料で人気の高い非公開求人を紹介してもらえたり、給与交渉をしてもらえたりと、転職を希望する看護師たちにとって役立つことが多いサービスです。

しかし残念ながら、一部ではしつこい連絡や、こちらの希望とかけ離れた求人しか紹介してもらえない・・・などといったトラブルがあるのも事実。

転職は、あなたの人生を左右する大事な決断ですから、気を引き締めて取り組まなければなりません。

最終的には、利用する看護師側が正しい理解と知識を持ち、情報の取捨選択を行いながら、賢く利用しないとダメなんですね。

このサイトでは数多くある看護師転職サイトの中でも、安心して使える大手のサイト会社だけを紹介しています。
どのサイトも、今回の記事で紹介したポイントに注意しながらも気軽に試せる会社ばかりです☆ あなたもぜひ、うまく利用してみてはいかがでしょうか。
 

【看護師マジョリータがおすすめするサイトはこちら】
↓↓↓

看護のお仕事の詳細・登録はコチラ≫

マイナビ看護師の詳細・登録はコチラ≫

関連記事

辞めたい看護師

看護師辞めたい!と思うなら、まずこの5つを考えなくっちゃ

看護師2年目の疑問

【看護師2年目の転職事情】転職したいときに考えるべき5項目

「辞めたい」が言えない看護師さんへ。スーッと辞めれちゃう『伝え方』とは?

看護師に“向いてない”から辞めたい人へ。4つの性格別「向いてる職場」はココ!

辞めたい看護師

大丈夫、辞めてもいいんだよ。看護師3年目で『辞めない』選択をした私が後悔したこと...

お礼奉公中の看護師必見!奨学金を返済して辞める方法があった!