第2談【看護師の談笑】精神科病棟での日常あるある10選

看護師あるある

みなさんこんにちは。
看マジョ編集部のイトウ サキです。

『精神科病棟』と聞くと、「人里離れた土地にひそかにたたずむ閉鎖病棟、、、」のイメージを持ってしまうのは私だけでしょうか。
看護師は担当科により多少、仕事内容に違いがありますが、精神科病棟の仕事だけは「多少」なんて軽いレベルの違いではなく、まさに別世界!
“精神科”というだけで、なんだかとっても特殊で全然想像できない・・・!という看護師さんも多いのではないでしょうか。

そんな、なかなか馴染みのない精神科病棟ですが、日々の仕事では「泣けること、面白いこと、笑えること」などなどたくさんの驚きのドラマが繰り広げられているようです!

今日は、精神科病棟での勤務経験を持つ看護師さん18人から教えていただいた、「知られざる精神科病棟での日常あるある」をお送りします☆

あるある1)昔は「行動抑制」、今は「介護」で看護師の体力が奪われます

15年前の慢性期病棟は健康で自立している患者さんがほとんどでしたが、今は高齢化し全介助や半介助の患者さんがすっごく増えています。精神症状は落ち着いているのですが、ADLが落ちている人がおおく、食事介助や排泄介助、入浴介助やおむつ交換など、まるで高齢者施設のようです。
(42歳 栃木県 精神科勤務歴15年)

あるある2)「ゆったりとして楽ちん♪」な精神科!?・・・そんなの過去の話。今や普通の病棟と変わらない

精神科の慢性期病棟といえば、昔はゆったりとして楽だったんですけどね・・・。今ではそんな慢性期病棟は珍しいと思います。注射や点滴は少ないけれど、忙しさは普通の病棟と変わりありません。
(39歳 埼玉県 精神科勤務歴12年)

あるある3)ナースマン(男性看護師)が3割増しでかっこよく見える!

かっこいいナースマン

精神科には、精神疾患やお薬の副作用のために暴れてしまう患者さんもいらっしゃるので、そんな時に行動抑制できるよう、ナースマン(男性看護師)が多く配置されています。ナースマンが、暴れる患者さんに危険が及ばないようにテキパキと抑止対応している姿は頼もしく、普段より3割増しでかっこよく見えます♡
(34歳 東京都 精神科勤務歴9年)

あるある4)病棟内で喫煙OK。患者さんは食後の一服でリラックス。

禁煙・分煙化が進んでいますが、『患者さんのストレスを少しでも軽減する』という目的のため、喫煙所を設けている病院(病棟)もあります。患者さんたちが食後の一服でリラックスする姿は日常風景。 病院としてはちょっと特殊ですよね〜 
(29歳 北海道 精神科勤務歴7年)

あるある5)“もの盗られ妄想”のおばあちゃんと探偵ごっこ?!

認知症高齢者に多い“もの盗られ妄想”。財布、靴、洋服から下着、石鹸、おやつまで、妄想世界では様々なものが「盗られ」ます。そんな妄想は否定しないことが基本。「そっかぁ。盗られてしまったんですね。一緒に探しましょう」といって、患者さんと一緒に探します。小さなおばあちゃんとの探偵ごっこは意外と面白い。
(33歳 福岡県 精神科勤務歴5年)

【人気のある精神科の求人を紹介してもらえるサイト】
※登録してからおすすみください
↓↓↓
転職活動を全面サポート!【看護のお仕事】 “"

看護師の転職サポート≪登録無料≫マイナビ看護師 “"

あるある6)まるで空港の保安検査場。毎日、持ち物検査をやっています。

入院時はもちろんですが、厳しいところでは就寝前に毎日、持ち物検査がある病院(病棟)もあります。患者さんご本人や周囲の患者さんの安全面に配慮してのことなんですよね。空港の保安検査場を通るたび、精神科病棟の入院患者になった気分です。
(40歳 愛媛県 精神科勤務歴12年)

あるある7)『鍵の管理』も仕事のうち。牢屋の看守じゃないんだけど・・・

鍵

『持ち物検査』と同じく安全面への配慮から、いたるところに『鍵』がかかるようになっています。ナースステーションや階段、個人ロッカーや窓、清掃道具入れにも鍵をかけます。とくに閉鎖病棟ではかなり厳しい施錠がなされていますね。 映画で看守が鍵を奪われるシーンを見ると、ドキッとしてしまいます。・・・苦笑
(49歳 群馬県 精神科勤務歴20年)

あるある8)他人から何を言われてもへっちゃら♪暴言を聞き流すことが得意になります。

患者さんは精神状態が不安定なことが多く、自殺企図やコントロール出来ない状態の患者さんを抑止中に、暴言を吐かれることも日常茶飯事。逆に、この暴言を聞き流せないと精神科の看護師は務まりません。おかげで、プライベートで誰に何を言われようとも、全然へっちゃらになりました。
(27歳 東京都 精神科勤務歴4年)

あるある9)監視カメラが設置されている病室がある 

監視カメラ

自己や他者に危害を加える可能性のある患者さんが入院する病室は、隔離室や特別室、監視室などと呼ばれ、ベッドに抑制帯が付いていたり、ポリウレタンの壁だったり、檻(おり)がついていたりと、患者さんの安全のためにいろんな工夫がされています。 そんな特別な病室には監視カメラが設置してあり、ナースステーションからいつでも患者さんの様子が見られるようになっています。
(36歳 千葉県 精神科勤務歴7年)

あるある10)ブレーキの効かない恋が芽生える!?

人は心が弱った状態のとき、誰かに依存してしまう傾向がありますが、それに歯止めを利かせられないのが精神疾患。患者さん同士で恋愛沙汰になったり、ドクターやナースに強い恋心を抱く患者さんがいたりします。実習に来た看護学生に“ラブレター”を郵送する患者さんも・・・。中には、あまりに患者さんの恋心が強すぎて、看護師を異動させざるを得なくなることもあります。
(38歳 神奈川県 精神科勤務歴12年)

さいごに

精神科病棟での日常あるある、いかがだったでしょうか?
今、日本では、15人に1人がうつ病を経験しているといわれ、また高齢者の精神疾患患者も増えてきており、精神科のニーズが高まっています。その高まりとともに精神科の看護師の求人もどんどん増えているんですよ。

普通の病棟勤務とは全く違うこんな“精神科ならではの日常”を楽しめる人にとって、精神科勤務は、毎日が刺激にあふれ、飽きない職場となりそうですね。
あなたも是非、挑戦してみませんか?

【人気のある精神科の求人を紹介してもらえるサイト】
※登録してからおすすみください
↓↓↓
転職活動を全面サポート!【看護のお仕事】 “"

看護師の転職サポート≪登録無料≫マイナビ看護師 “"

関連記事

にこにこ

心を救う看護師の素敵な「声かけ」〜患者さんからのメッセージ〜

涙を流すうさぎ

看護師の人間関係って難しい!心がホッと楽になる3つのヒントって?

看護師さんの恋愛

“看護師が恋愛をこじらせてしまう理由”トップ8!

10年後、あなたは看護師として働いていますか?

【看マジョスペシャルアンケート!】10年後、あなたは看護師として働いていると思い...

プライベートが充実した看護師

看護師だってプライベートが大事!◯◯で変えられる私生活

キラキラ看護師

あらためて感じてみよう。看護師という仕事の魅力35選♪