【看護師2年目の転職事情】転職したいときに考えるべき5項目

看護師2年目の疑問

みなさんこんにちは。看マジョ編集部のフクヤマ ミホです。
今日は、看護師2年目の転職事情についてのお話です。

右も左も分からなかった看護師1年目をなんとか乗り越え、やっと2年目に入ったみなさん。
この時期に「転職」を考える看護師さんが、意外と多いのをご存知でしょうか。

このままずっとこの仕事をやっていけるのが不安・・・。
自分には合わない気がする・・・。
人生を軌道修正するなら、早い方がいいかな・・・。

などなど、これからも同じ職場で看護師としてのキャリアを積むことに不安を感じてしまうのです。

ここではっきりと言います。
「看護師2年目」というこの時期に転職することは、その後の看護師キャリア、大きく言えばあなたの人生に大きな影響を与えます。
だから、慎重に考えなければなりません。

看護師2年目に転職することが、『吉』と出る人も『凶』と出る人もいるのです。
これを読んでいるあなたも決して例外ではありません。あなたは一体どちらでしょうか?
そしてそれは、どのように見分ければ良いのでしょうか?

今日は、看護師2年目で転職したいみなさんが、転職したい時に考えておかなければならない5つのことについて解説します。

1)「石の上にも三年」は、守るべき?

石の上にも三年

看護師2年目で転職を考えている人なら、超有名なことわざ「石の上にも三年」が一度は頭をよぎっているのではないでしょうか。
このことわざに従い、とりあえず3年間は頑張ろう!と自分を励ましたことのある人も多いはず。 

実際、このことわざ通り「三年」という節目を迎えるまで頑張るべきなのでしょうか?

その答えは、『Yes』とも『No』とも言えます。

とりあえず3年は続けるべき人の特徴

大多数の人にとって、その答えは『Yes』です。

看護師の仕事は奥深く、最低3年は勤めなければ1人前の看護師にはなれません。
また、次の転職を考えた時も、特別な理由もなく3年未満で退職している人は「根性がない。」「またすぐに辞めてしまうのではないか?」と思われて再就職に不利になってしまいます。
どの病院も長く勤めてくれる人を採用したいですから、何度も転職を繰り返す人には警戒するものです。

看護師としてのセンスがある人なら、2年目に入れば少しは仕事にも慣れ、大変ながらも仕事中「楽しい」「やった!」と感じる瞬間があるものです。
もしも今、あなたが仕事中に少しでも「楽しい」「やった!」と感じる瞬間があるのであれば、もう少し続けた方がいいと思われます。

今すぐ転職してもいい人の特徴

一方で一部の人にとって、「石の上にも三年」を守るべき?の答えは『No』になります。

それは、今の仕事が“どうしても合わない人”です。
人にはそれぞれ、“どうしても合わない仕事”というものがあります。

それは仕事の内容だったり職場環境だったり空気感だったりといった要素が、その人の性格、体質に合わないのです。
毎日の仕事はつらいことばかりで、「楽しい」とも「やった!」とも感じない。
他人から見れば「努力が足りない」ということを言われがちですが、こればかりは努力でどうにかなるものでもありません。

それは、看護師という仕事そのものかもしれませんし、今の職場に限っての話かもしれません。
“どうしても合わない”職場で無理にしがみつく努力をすると、うつ病、自律神経失調症などを発症してしまう危険性が高いのです。
そのような人には「無理に努力する必要はありません。3年を待たず辞めましょう!」というアドバイスをします。

人にはそれぞれ自分にぴったりの「活躍できる場」というものがあります。
あなたの努力は、その「自分が活躍できる場」を探すことに向けるべきです。

「自分が活躍できない場」に長く居続けることは、つまりあなたが「活躍できる場」に到着するのが遅れることになります。

2)「自分が辞めると周囲に迷惑をかける」って、それホント?

はてなと看護師

看護師2年目になると周囲の看護師との信頼関係も深まり、周囲の看護師が困ること、周囲に迷惑をかけること、そして周囲からの引き留めに心が縛られてしまう人がいます。

「こんな人手不足な状況で、辞めたいなんて言い出せない。自分が辞めると周囲に迷惑をかける、、、」と、悩んでしまうのです。

このように悩むこと自体は決して悪いことではありません。
責任感が強く、周囲への思いやりの気持ちがあり、そして職場で優しい先輩に恵まれた人に多く見られる傾向です。

でも、自分が辞めると周囲に迷惑をかけるから辞められない。というのは本当でしょうか?

あなたが退職することで、職員が一人減ってしまうことは事実です。
でも大丈夫!あなたが辞めても病棟はちゃんと回ります。
世の中、そういうものなのです。
あなたが辞めれば、病院経営者は必ず誰かを採用し、あなたの代わりに配置します。

第一、病棟をどのように回すのか、人員配置、採用を考えるのは管理職の仕事です。
2年目看護師のあなたがそこまで考える必要はないし、無駄なこと。

厳しいことを言うようですが、他人の仕事を誰かが肩代わりすることはできません。
管理職には管理職の仕事が、あなたにはあなたの仕事があるのです。

それよりあなたがすべきことは、退職希望を早め(できれば3か月前)に伝え、きちんと業務の引き継ぎをすることです。

「自分が退職したら、周りに迷惑をかけてしまう。病棟が回らない。」といったことを心配するエネルギーは、もっとあなたが成長するための建設的な思考に向けましょう!
一番大事なことは、自分がどうしたいのか?ということです。

3)看護師2年目の転職。次の就職先はどこにする?

手を広げる_にこにこ_女性

看護師2年目で転職するならば、次の就職先選びには慎重になりますね。
「次は絶対に失敗したくない。」「次こそは長く勤められるところを見つけたい。」
と誰もが思うものです。

一度看護師としてのキャリアにつまづいていますから、自信をなくしてクリニックや介護施設など、比較的楽だと思われる職場に目が向いてしまう気持ちは分かりますが、看護師2年目のあなたは、まだまだ看護師として学ぶことが残っています。

楽な道に進むことはいつでもできます。
『若いうちの苦労は買ってでもしろ』という言葉があるように、『看護師2年目の苦労は買ってでもしろ』です。
若い今だからこそ経験し、吸収しておかなければならないことがたくさんあるのです。

もしも今の職場につまづいているなら、次の職場の選択肢として、看護師として一番安定して働ける国公立病院があります。
女性看護師はもちろん、家庭を守る男性看護師であればなおさら、国公立病院の年収や安定した職場環境は理想です。

少し余談になりますが、国公立病院に正規職員として採用されるための年齢制限をご存知ですか?
国公立病院では、新卒であれば35歳くらい、経験者であれば59歳まで応募可能というのが一般的です。
つまり、ほぼ年齢制限はないということなのです。
これは、看護師免許さえ持っていれば、これからの人生で何歳になってもやり直せることを意味しています。
少なくとも、30歳代後半くらいまでは年齢を理由に不採用になることはまずありません。2年目で退職しても国公立病院だって、大学病院だって入ることができるのですから、
今後の就職先を心配することはありません!

もしもあなたにとって、“看護師”という職種そのものが合わないのだとしたら、病院以外の職場、例えば企業に就職して治験コーディネーターになる、開発モニターになるなど、病院やクリニック以外の選択肢に目を向けてみましょう。

ポイントは、楽な道に進むのではなく別の道、できればあなたがさらに成長できる道を選択するということです。

自己成長は、人間が幸せを感じる要素の一つです。
楽な道に進めば進むほど、10年もすればあなたは自分の選択を後悔することになるでしょう。

だから声を大にして言います。

決して“楽な道”を選んではいけません。

4)看護師2年目で“退職した理由”には要注意

看護師2年目で転職するあなたは、次の職場では新卒ではなく「中途採用」となります。

中途採用で病院経営者が合否を判断する重要なポイントの一つが「前職の退職理由」です。
前職の退職理由は、職務経歴書の中に記載するか、もしくは面接の際に「前の職場を退職した理由は何ですか?」と直接聞かれるかのどちらかになりますが、あなたはここで、まるで幼稚園児のように何も考えずに思いついたままを語ることは避けなければなりません。

退職理由を語る準備をしておかなければならないのです。
中途看護師を採用する側の視点として、前職の退職理由には「OKな理由」と「NGな理由」の2種類あります。

OKな退職理由

◯を出す女性看護師
  • 目指すもの(やりたいこと)が見つかった、◯◯に挑戦したいなどのポジティブな理由
  • 難しいことに挑戦したい。自分を高めたいという、自己向上の理由
  • 転居や結婚、親の介護などの、あなたの意志とは関係なく退職が必要になったという不可抗力

NGな退職理由

バツを出す女性
  • 人間関係が悪かった、十分な指導がしてもらえなかった、病院の方針が合わなかったなど、前の職場を悪く評価する理由。
  • お給料が低かった、有給休暇が取れなかったなどあなたの「欲」を示す理由
  • 「通勤が大変だった」など、最初から明らかなことを正しく判断できなかったという理由
  • あなたの体調不良による理由。(身体面、精神面の両方を含む)

看護師2年目で退職した理由は、捉え方次第、あなたの言い方次第でプラス評価にもマイナス評価にもつながります。

一番注意したいのは、ほんの少しでも前の職場の悪口と捉えられる発言をしないことです。
面接の場で、ついポロっと本音がでてしまわないよう、自分の中で「退職の理由」をしっかりと決めておきましょう。

5)次の職場をどうやって見つける?

看護師2年目で転職することを決意したなら、早速、次の職場を見つけなければなりません。

仕事を探す方法は、ハローワークや日曜の求人広告など色々ありますが、看護師2年目の人が最もよく利用するのが『看護師専門の転職サイト』です。

看護師になって2年しか経っていないので、他の病院の評判も分かっていませんし、転職の仕方(いい職場の見つけ方、履歴書や職務経歴書の書き方、雇用条件の交渉など)についても初心者です。

2年目のみんなが転職サイトを利用するのは、ある意味合理的な判断だと言えます。

かといって、転職サイトであればどこでも良いわけではありません。
看護師2年目は、まだまだ病院事情について初心者ですし、これから看護師としての長いキャリア形成を考えていかなければなりませんから、あなたのことを第一に考えてくれる親切・丁寧なサイトを選べるかどうか?が大きな分かれ道だと言えます。

看護師2年目の人たちに高く評価されているサイトは「マイナビ看護師」と「看護のお仕事」です。
どちらも、他のサイトよりダントツで高い評価を得ています。

どちらのサイトも無料登録するだけでサービスを受けられますので、看護師2年目で転職を考えるなら、ぜひこの二つのサイトを利用してみてはいかがでしょうか。

『マイナビ看護師』無料登録はこちら

『看護のお仕事』無料登録はこちら

看護師2年目が転職前に考えるべきこと まとめ

アドバイスする看護師
  • 「石の上にも三年」は大多数の人にとって守るべきこと。できれば最低でも丸3年は勤務してから転職すべき。
  • ただし、今の仕事に少しも「楽しい」とも「やった!」と感じる瞬間がなく、本当に“自分に合わない”と肌で感じるのであれば、2年目で退職するのもアリ。
  • 人にはそれぞれ、自分にぴったりの「活躍できる場」がある。「自分が活躍できない場」に長く居続けることは、つまりあなたが「活躍できる場」に到着するのが遅れることである。
  • 看護師2年目は、まだまだ学ぶことがある。次の職場に決して「楽なところ」を選ばないこと。
  • あなたが辞めても病棟はちゃんとまわるから心配無用。自分がどうしたいのか?それが一番大事
  • 「前職の退職理由」をきちんと説明できるようにしておくこと。自分の意思とは関係のない環境要因による退職(転居のため。結婚のため。親の介護のため)または、やりたいことが見つかった、◯◯に挑戦したくなったなどのポジティブな理由を考える。前の職場の悪口は絶対にNG!

『マイナビ看護師』無料登録はこちら

『看護のお仕事』無料登録はこちら

関連記事

中途採用の看護師

ミスしちゃった、、、看護師辞めたい!の悩みを解決する4つの方法

お礼奉公中の看護師必見!奨学金を返済して辞める方法があった!

花嫁_花婿

「結婚するから看護師を辞めたいんだけど、どう思う?」という悩みを60分でスッキリ...

信頼できる転職サイトの見つけ方

看護師の転職。信頼できる転職サイトの見分け方!

透析室の看護師辞めたい!・・・と思ったら、この3つを考えてみて!

まさか!男性看護師の「辞めたい」を解決するための視点はコレだったのか!