「看護師3年目の悩み」を解決するの3つの知恵

看護師3年目の知恵

看護師1年目は、右も左もわからないままただ必死に仕事をこなしていたあなたも、2年目は看護師の仕事にも慣れてきて、先輩の動きに合わせて効率よく動けるようになりましたね。
医療の知識も少しだけ増え、根拠を持って看護を実践できるように。
そして迎えた3年目。
仕事に余裕が出てきた分、視野が広がり、今後の方向性など色々なことを考え始める時期でもあります。
この記事では、そんな看護師3年目がぶつかる壁とその対処法について分かりやすく解説します!

役割が増えストレスがたまる時期。心の声に耳を傾け、リラックスを心がける。

入浴してリラックスする女性

看護師3年目になると、プリセプターや係の仕事など、看護業務以外の役割が増えてきます。
周囲からは1人前として扱われ、新人指導を任されるようになる時期でもありますね。
看護師として病棟の主軸になっていく転換期です。
そんな3年目の看護師は、新しい立場に立つ事により今までにないストレスも抱えはじめます。
責任の重さ、精神的ストレスから体調不良をおこす人も増えてきます。
中には向精神薬がないと仕事ができないほど重症になる人も。
そんなことになる前にうまく仕事のストレスを発散させることが、この時期には必要です。
あなたのストレス発散方法は何ですか?
まずはプライベートを充実させるのが一番と言えます。
この機会に、あなたの心の声に耳を傾け、自分が一番リラックスできることを意識して取り入れるようにしましょう!
また一方で、「自分の許容範囲を超える仕事を引き受けない」という方法もあります。

看護師3年目という一番の成長期であるがゆえに、
頼まれるものは何でも引き受けることが美学のように思われがちですが、
時にはNO!と断ることも必要です。

目指す方向を悩む時期。看護師として目指す道が大きく分かれていく。

分かれ道にたつ女性

日々の仕事に余裕が出てきた分、周囲の様子が見えてきます。
スタッフそれぞれが抱く看護観の違い、病院全体が持つ雰囲気、高名な病院の噂など。
今後看護師としてどのような道を進むのか、大きく分かれる時期でもあります。

この時期、約半分の人はさらに看護の道を極めたくなります。

より良い看護、専門性の高い看護を目指して勉強に励みます。
大学への編入を考える人やより高名な病院へ転職を考える人もでてきます。

一方で、残り半分の人は、看護の仕事に対して楽しさが見出せません。

給与、待遇などに不満を持ち、このまま看護師を続けることが苦しくなってきます。

いずれにせよ「この3年間の努力で看護師としての基礎は出来上がっている」と
社会からは評価されます。

今後はどの方向に進んでも「看護師としての経験」を活かし、新たな一歩を踏み出すことができるので心配不要です。

看護師3年目は即戦力として条件の良い病院への転職も可能。

注射器をもつ看護師さんあなたは看護師としての自分をどのように評価していますか?

「まだまだ未熟者。たった3年じゃ何もできない」

と自己評価を低く見積もっている人って多いんですよね。

でも実は、あなたが思っている以上に看護師3年目の社会からの評価は高いのです!
3年の経験があれば看護師としての基礎ができており、病院では即戦力として求められます。
この時期に、今の仕事より条件の良い病院へ転職する人がたくさんいます。
新卒で民間病院に就職し、3年の経験を積んだ後に大学病院や国公立病院へ経験者として転職する人も。
また、病院での看護の仕事が合わない・・・と気づいた人は、看護師の資格を活かして一般企業や保育園などに転職する人もいます。
こういう職場は新卒より経験者が求められているので看護師3年目での転職にぴったりです!

看護師3年目の悩み対策 まとめ

  • 看護師3年目は新しい立場に立つことでストレスが溜まる時期。心の声に耳を傾け自分がリラックスできる時間を意識して取り入れましょう。
  • 今後の看護師として進む道が分かれる時です。看護師の道を極めるもよし、自分が好きな仕事へ進路変更してもよし。いずれにせよ、この3年間の努力は活かすことができます。
  • 看護師3年目は社会からの評価が高い。即戦力として条件の良い職場への転職が可能です。

関連記事

向いていない看護師

「あなたは看護師に向いてない」と言われた私が変えた、たった一つのこと

申し送り上手な看護師

苦手を克服!申し送り上手な看護師になれる6つの対策法

七福神

「あんたは神さまだ!」これぞ、看護師のやりがい!

看護師がつらい

「看護師がつらい、、、」そんな心が楽になるヒント4選

プリセプターとプリセプティー

【看護師プリセプター】5つの大事な役割と心得 

ミスをしない看護師がやっていること

ミスをしない看護師が共通してやっている5つのこと。