【看護師の就活】大学病院と個人病院の違い〜お給料編〜

大学病院の看護師

みなさんこんにちは。
看マジョ編集部のフクヤマ ミホです。

看護大学(看護学校)の卒業が近づいて就職活動をするとき、

 大学病院を選ぶべきか?
 それとも個人病院を選ぶべきか?

と迷った経験がある看護師さんは少なくないのではないでしょうか。

みなさんはどちらの病院を選択されましたか?
そこを選んだ一番の理由は何だったでしょうか?
そして選んだ結果はいかがでしたか?

今日は、これから就職or転職を考えている人のために、大学病院と個人病院(クリニックを含む)の違いを「お給料面」から解説してみたいと思います。

新卒看護師のお給料は大卒の会社員より数万円多い

看護師は昔、3K(きつい、汚い、給料が安い)と言われた時代がありました。

しかし今は待遇面がかなり改善され、新卒看護師のお給料は、大卒の一般的な会社員よりも数万多くなっています。
プラス夜勤手当が4~5万円、危険手当や資格手当などが別途つくパターンもあり、今や看護師1年目から手取り30万円近くもらう人も出てきているほどです。

個人病院は「経営者の意向」でお給料が決まる

個人病院の場合、お給料は「経営者の意向」で決まることがほとんどです。

病院の経営者が『従業員に利益を還元するタイプの人』であれば、個人病院であっても給与もボーナスもいいですし、昇給や手当の種類も多いでしょう。

しかし、経営者が自分の利益を優先したり施設や病院を増やすために資金をつぎ込んだり、家族みんなを役員にして勤務もしていないのに高い給与を払っていたりするような病院は、きまって従業員の給与は安く、昇給やボーナスも少ないものです。

ひどいところになると、職安(ハローワーク)に書いてある給料やボーナス、昇給の額がでたらめのところもあるようです。
そんな個人病院は「給与は経験年数による」と書いてあっても、たいてい新卒と同じで、経験が10年だろうが20年だろうが関係ありません。
『基本給198000円~340000円(経験年数による)』と書いてあったら、まず198000円だと思っていた方がいいでしょう。

きっちり昇給、福利厚生も充実の大学病院!

総合病院_大学病院

一方で大学病院の場合、昔は公務員(今は独立行政法人)だったので、ほぼ公務員に準じた給与になります。そのため、昇給も確実にあります。
初任給は個人病院よりも安いこともありますが、毎年きちんと昇給しますし、業績によってボーナスが左右されるということもほとんどないので、就職して数年経てば個人病院を上回る年収になるでしょう。

また、大学病院は福利厚生も充実しており、結婚手当、出産手当、産休、育休はきっちり取れますし、最低半年間勤務していれば、病気をしても「傷病手当」として3カ月ぐらいお給料がでます。

勤務年数が長くなるほど『病欠となっても支障をきたさない期間』が長くなりますし、退職金も長く勤めるほど多くなります。

ボーナスに焦点をあててみると、大学病院の場合、例えば6月10日が夏のボーナスの支給日だとすると、たとえ5月いっぱいでやめても、1月~5月まで在籍しているので90パーセント以上のボーナスがもらえます。
一方の個人の病院では、ボーナス支給日に在籍していないと支給されない仕組みがほとどなので、そのあたりは大学病院の大きなメリットかもしれませんね。

【大学病院or高給の個人病院の求人をさがしてみよう!】
※登録してからおすすみください
↓↓↓
転職活動を全面サポート!【看護のお仕事】 “"

看護師の転職サポート≪登録無料≫マイナビ看護師 “"

長く勤めるなら大学病院、短期間なら給料のいい個人病院

個人経営の場合は退職金の金額は経営者が決めるので、どうしても大学病院と比べて少なくなってしまいます。

個人病院に就職するのなら、いっそのこと退職金を期待しない方がいいかもしれませんね。
もしも給与面を期待するのであれば、求人情報に賞与や昇給が書かれていないような個人病院は、まずやめておいたほうがいいでしょう。

しかし、個人病院だって規定の看護師数を確保できなくては、利益をだすどころか病院運営そのものがままなりません。
そのため、初任給や月額給与が大学病院より高く設定してある個人病院は多数あります。

給与面で就職先を選ぶなら、『ずっと長く勤めるのなら大学病院、短期間でいいのなら給料のいい個人病院』という基準をおすすめします。

『身に付けたいスキル』も考慮して就職先を決めよう

ガッツポーズする看護師二人

就職先を選ぶ際、お給料面はとっても大事なポイントではありますが、看護師の場合、決してそれ(お給料)だけで就職先を選ぶはことはやめましょう

仕事を通して身に付けることができる技術や得られる知識経験は、決してお金には変えられない、誰からも奪われることのない、自身の貴重な財産となります。

大学病院では、一般的な病院より業務が細分化されているので、得られる知識や経験が「狭く、深い」という状態になります。

たとえば、7〜8年勤務していたとしても、ずっと未熟児センターに在籍していたら、未熟児のことしかわかりませんし、乳腺外科なら乳がんのことしかわからない看護師になります。

また、ほとんどの大学病院では、採血や点滴は医者(研修医)が実施するので、何年経ってもそれらの基本的な医療技術がない看護師になってしまうことを否めません。

一方で個人病院は、採血や点滴、注射などはすべて看護師の仕事なので、嫌が応にも技術が磨かれていきます。

病棟も、個人病院の場合は大学病院ほど細分化されておらず、「内科」「外科」など大まかに分かれている程度のところや、混合病棟になっている病院も少なくありません。
そのため、そんな個人病院で働く看護師は、色々な科の、幅広い知識を持つジェネラリストになることができるのです。

個人病院「ジェネラリスト」なら、大学病院「スペシャリスト」といったところですね。

まとめ

就職先を選ぶ場合、お給料面はもちろん大事な要素です。
しかし、看護師は国家資格の専門職。プライドを持って働きたいものです。
そのためには、就職先を選ぶ基準は“お給料”だけなく、“身に付けたいスキル”や“自分が目指す看護師像に近づける職場”を探すことが最も大切なんですね。

これから就職するor転職するあなた!
大学病院も、個人病院も、一長一短あるものです。
是非とも今日のお話を参考にしてみてくださいね☆

【大学病院or高給の個人病院の求人をさがしてみよう!】
※登録してからおすすみください
↓↓↓
転職活動を全面サポート!【看護のお仕事】 “"

看護師の転職サポート≪登録無料≫マイナビ看護師 “"

関連記事

看護師5年目

看護師5年目のための転職指南書

子育てしている看護師

子育ても仕事も頑張りたい看護師必見!仕事選びポイント3選

保育園看護師

やっぱり楽しい!保育園ではたらく看護師の1日

CRA_幅700

看護師からCRAへ転職!押さえておきたい5つのポイント

看護師の転職失敗と成功

看護の大学院を中退。そのあと経験した私の転職成功と失敗!

ブランクのある看護師

ブランクのある看護師が再就職を成功させるヒント5選!