看護師しんどい辞めたい!今後の進退を決める2つのヒントをご紹介☆

みなさんこんにちは。看マジョ編集部のキタ ミドリです。

今日は、看護師の仕事がしんどくて辞めたい、、、と悩んでいるあなたに向けて、辞めるのか、辞めないのか、今後の進退を決めるための2つのヒントをご紹介し、一緒に考えてみたいと思います。

いつまでたってもしんどくて、辞めたい、、、と悩む看護師は多い

看護師になって最初の1年目はとにかく仕事を覚えるのに必死です。

2年目になると、自分で考えて動けるようになるけれど、独り立ちしたせいでミスも多くなる時期ですよね(´・ω・`)

3年目になり、ようやく仕事にも慣れてちょっと楽になるかな〜?と思ったら、プリセプターに指名されたり、看護研究のメンバーになったり、リーダー業務を任されるようになったりと、全然楽にならない┐(´д`;)┌

「こんなにしんどい状態がいつまで続くんだろう?もうやってらんないよ、、、」

と、この時期に進退を考える看護師さんは大勢います。

でも、「じゃあ、もう辞めます!」とあっさり退職を決められる人は珍しい。

たいていの看護師さんは辞めたいと思っても

「辞めてもいいのかな?(辞めたらどうなっちゃうんだろう?)」

「もう少し辞めずにこのまま頑張った方がいいのかな?」

という2択で頭を悩ませるのです。

この問題の正解について結論を言うと「どっちでも構わない。」です。

「えっ?そうなの(ノ ̄□ ̄)ノ!?」

はい。そうなんです。どっちでも構いません。

、、、というか、もっと正確にいうと「人それぞれによって違う。」ということなんです。

辞めた方がいいのか?辞めない方がいいのか?は、人それぞれによって違う。

だって“看護師”とひとことで言っても、住んでいる場所、家族構成、現在の勤務先など個人が置かれた環境は全然違いますし、看護師という仕事の向き不向きや個人の性格、将来どんな生活を送りたいのか?っていう理想もみんな違います。

だから“しんどいから辞めたい”と悩んでいるときに、辞めた方がいいのか?このまま頑張った方がいいのか?という問題の正解も、人によって違うのは当たり前。

全看護師に共通する一つの正解を求める方がおかしな話です。

そしてここからが今日の本題ですが、自分にとっての『正解』は何か?を考えるとき、まずは次の2つの視点から考えると答えが見つかりやすくなるんです。それは・・・

  1. 「仕事が楽になる」ことの代償として、どれくらいの収入減なら許容できるか?
  2. 5年後の自分が、どうなっていたいか?

です。一つずつ、解説していきますね。

「仕事が楽になる」ことの代償として「どれくらいの収入減なら許容できるか?」を考えてみる

看護師になりたての1年目は、たいてい中〜大規模病院に就職して、病棟に配置されるのが一般的ですね。

おそらくあなたも、今、その状況に置かれているのではないでしょうか。
看護師にとって、もっとも収入が多くて安定するのは『病棟に勤務して夜勤もこなす』ことです。

今の仕事を「しんどい」と感じているあなたが、次にどんな職場に転職しようとしているのかは現時点では明らかではありませんが、「仕事が楽になる」職場に転職するなら、ある程度、収入が下がることを受け入れることが必要です。

仕事が楽になる職場の選択肢としては、まずクリニックなどの夜勤のない職場が考えられるでしょう。夜勤がないのですから、当然、お給料は下がります。

また、緊急の対応や重症患者さんのケアがない介護施設や療養型病院に転職した場合、夜勤回数(夜勤手当)は同じでも、基本給がやや下がってしまうことが多くなります。

ごく稀に、転職エージェント経由で職場を探すなどして転職した場合、病院の規模も、お給料も、夜勤回数も同じなのに仕事が楽になる(仕事がやりやすくなる)という穴場な職場に巡り会える看護師さんもおられますが、そんなラッキーな看護師さんはそれほど多くありません。

ほとんどの場合、「楽な仕事を求めて」転職をすると、ある程度収入が減ってしまうことは仕方ないといえるでしょう。

だから「いまより楽な仕事に就けるなら、どの程度の収入減まで許容できるのか?」という点を一度考えてみましょう。

お給料が高くても仕事がしんどくて休日は寝てばかり、、、なんて人生より、お給料は下がっても、身体と心の余裕がもててプライベートも充実している!という人生の方が、幸せそうですよね。

5年後の自分がどうなっていたいのか?を考えてみる

女性看護師さんの場合、仕事と同じくらい、もしくは仕事よりももっともっと大事にしたいことが「結婚や子育て」ではないでしょうか。

ある調査によると、結婚して家庭を持つことよりも仕事を重視したい看護師さんは2割程度なんだとか。

つまり、残りの約8割の看護師さんは、仕事よりも結婚を大事にしたいと考えているんですね。

結婚して子供を持つなら、今のまま病棟に勤務して夜勤をこなすのではなく、夜勤のないクリニックなどに転職して、仕事と家庭を両立したいと考える看護師さんは多いもの。

あなたはどうでしょうか?

一度、5年後の自分がどうなっていたいのか?を考えてみませんか。

5年後に結婚して家庭を持っていたい。仕事より、家庭を大事にしたいというのであれば、それほど今の仕事に固執しなくてもいいのでは?という結論もアリでしょう。

結婚しても、独身でも、このまま看護師としてのキャリアを積み上げていきたい!と思うなら、今の職場でもう少し頑張った方がいいという結論に至るかもしれません。

このように『5年後の自分がどうなっていたいのか?』という、あなたが思い描く将来像によって、今、辞めてもいいのか?それとも辞めずに頑張った方がいいのか?の答えは違ってくるでしょう。

まとめ

看護師さんの仕事は責任が重く、何年目になってもしんどいものです。

人生は“仕事ありき”ではありませんから、仕事がしんどいからもう辞めたいな、、、もっと楽な仕事につきたいな、、、と考えるのも当然のこと。

ただし、辞めた後の生活がどうなるのか?が見えないから、このまま辞めていいのかな?それとも頑張って続けた方がいいのかな?とグルグル悩んでしまうんですよね。

そんなときは、ここでお伝えした2つの視点で一度考えてみてください。

  1. 「仕事が楽になる」ことの代償として、どれくらいの収入減なら許容できるか?
  2. 5年後の自分がどうなっていたいのか?

これらの視点で考えることができたら、あなたが進むべき道を、自信をもって選択しやすくなるでしょう^^

関連記事

看護師のいじめ対策

必見!看護師のための4つの『いじめ対策』とは?

お礼奉公中の看護師必見!奨学金を返済して辞める方法があった!

転職に失敗した看護師

看護師2年目だけど辞めたい!2年目の転職はアリか?ナシか?を考えてみた

辞めたい看護師

大丈夫、辞めてもいいんだよ。看護師3年目で『辞めない』選択をした私が後悔したこと...

転職サイトを利用する時の注意点

【看護師転職サイト】利用の際に気をつけたい4つの注意点

中途採用の看護師

ミスしちゃった、、、看護師辞めたい!の悩みを解決する4つの方法